カテゴリー : 音楽-

このカテゴリーの登録数:705件 表示 : 1 - 100 / 705

2023/02/01

悲愴第2楽章

ポスト @ 21:39:40 | 音楽-

 今年1月から、思い立って、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」の第2楽章を練習し始めました。バイエル80番くらいまで、ブルグミュラーの最初の方だけしか弾けないのに無茶。でも毎日少しずつ5年くらい続ければ、ひょっとして、と思ったのです。果たして。

2023/01/08

音の調整

ポスト @ 21:21:56 | 音楽-

 少しずつですが、曲の音を調整する方法を学んでいます。YouTube にたくさん参考動画があるので、それを見ながら。UAD Spark という月額サービスのプラグインが3ヶ月1ドルのお試しをやっていたので、まあ150円なら、と買いました。本当はひと月 3,000円くらい。期間が終わったら、解約して、また必要な時に、かなあ。

2022/12/31

空を飛んで会いに行くよ

ポスト @ 17:26:40 | 音楽-

 何となく、今年の内に、と YouTube に「空を飛んで会いに行くよ」という自作曲をアップしました。介護関係の募集を見て今年作ったものです。その頃の気持ちを歌にしておきたかった。採用されませんでしたが、それはそれで。

2022/12/30

楽譜集の最初

ポスト @ 21:33:15 | 音楽-

 何十年も前の楽譜集『みんなのうた 13』(水星社)がネットに出ていたので入手しました。「進め!しんじ君」が1曲目に載っています。やっぱり、うれしい。当時も楽器屋さんで見かけたので1冊買ったはずなんだけど、どこにいったのか。また久しぶりに巡りあえました。

2022/12/27

無料楽譜作成ソフト改訂版

ポスト @ 21:00:53 | 音楽-

 無料の楽譜作成ソフト MuseScore 4 が出ました。この改訂版は使いやすくて良さそうです。ツールの配置やミキサー表示、プレイバックの音質が特に。高価な Finale より良いんじゃないかしら。僕は大したことないのに Finale に切り替えてしまったけれど 、MuseScore で基本的な入力をして、MusicXML でエクスポートして Finale で調整するのが良いかもしれません。
 このソフトもクラシックギターを弾いていらした津曲先生に教えていただいたのでした。

2022/12/24

オータサンからのメッセージ

ポスト @ 21:47:02 | 音楽-

 FM で「世界の快適音楽」を聴いていたら、番組表にメッセージ・ゲストとしてハワイのウクレレ奏者オータサンの名前が。うわ、と喜んで待ち受けました。元気ですか、ウクレレ弾いてますか、という短いメッセージだったけれど、うれしかったです。たぶん米寿になられるところなので、またお祝いのメッセージを書きたいと思います。

2022/12/23

進め!しんじ君 ピアノ伴奏版 アップ

ポスト @ 16:57:02 | 音楽-

 特別休暇は何をするんですか、という学生の質問があったので、音楽活動と答えていました。じゃあ、やらなきゃ、ということで、日曜に歌った「進め!しんじ君」の録音を Logic Pro で調整。画像は、堀口忠彦先生が『みんなのうたベスト』という LP のジャケットに描いてくれた絵を使わせていただきました。これ、テレビのアニメにはない絵で、大好きなんです。iPad で撮影して、Photoshop Fix でレタッチ。色が消えてしまったところも綺麗に直りました。Final Cut Pro に取り込んで完成。YouTube にアップしました。堀口先生、編曲の故若松正司先生、ありがとうございました。

2022/12/18

しんじ君ピアノ伴奏版録音

ポスト @ 21:00:23 | 音楽-

 日曜午後。人も来ていないだろう、と大学の研究室へ。ずっと気になっていた「進め!しんじ君」のピアノ伴奏版を歌って録音。ヤマハのぷりんと楽譜にも掲載されているピアノ伴奏譜は、若松正司(まさし)さんが NHK テキスト用に編曲してくれたものです。自分で弾ければ良いんだけれど無理なので、iPad の楽譜スキャナで読み込んで Mac の Logic Pro でエラーを修正して演奏してもらいました。いつも通り、えらい時間をかけてピッチを修正。なんとか完成させて YouTube などで公開したいと思います。若松さんに会って御礼できなかったのが残念なので、こんな形ででも。

2022/12/08

聞き逃しが多くて

ポスト @ 21:10:10 | 音楽-

 「らじる・らじる」で FM 放送の聞き逃し番組を聴いています。クラシックとジャズだけでも、たくさんの番組があるので、放送後1週間の期間内にすべて聴くのは大変です。いや、全部聴かなくても良いんだけれど、せっかく聴けるんだから、と頑張って聴いています。ありがたいです。

2022/12/07

街はクリスマスタイム 2022

ポスト @ 17:55:39 | 音楽-

 2012年に YouTube 公開した「街はクリスマスタイム」。歌のピッチとリズムが悪いのが、ずっと気になっていて、10周年ということで、録音し直しました。オケは 2016 年の大通公園ライブのために NK さんが作ってくれた音源。日曜に大学の研究室に行って、気兼ねなく歌って録音。Logic Pro で編集して(えらく時間をかけてピッチを修正して)完成。「街はクリスマスタイム 2022」として YouTube 公開しました。少しは良くなったかと思います。クリスマスに聞いて下さい。
https://youtu.be/9tsiPqsvErA

2022/12/04

世界で聞いてもらう

ポスト @ 21:27:07 | 音楽-

 音楽配信サービスの会社から 11 月分の販売データ通知が来ました。今回は童謡集「こどものための4つの歌」(作詩 HH さん、作曲と歌は僕)も入っているはず、とドキドキしながらダウンロード。開いてびっくり。イギリス、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、レバノン、ロシア、韓国、香港、台湾、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、カナダ、アメリカ、プエルトリコ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、と日本以外でも聞かれているではないですか。数は多くないけれど、世界で聞いてもらえるなんて。

2022/12/03

テレビでんわを してみたよ

ポスト @ 21:12:52 | 音楽-

 HH さん作詩で、僕が作曲の「テレビでんわを してみたよ」が、10/1 に第44回童謡祭(東京)で初演され、その録音 CD が先日送られてきました。会場に行けなかったので、歌の雨宮知子さんと、ピアノ伴奏の篠崎仁美さんには、ご挨拶もできず、申し訳ありませんでした。ここで御礼申し上げます。良い演奏をありがとうございました。
 いろいろなメディアで多くの方に聞いていただきたいと思うのですが、日本童謡協会の方針が決まっていないようので、今は CD を買っていただくしかないと思います。著作権に加えて著作隣接権もあるので、なかなか大変です。

2022/11/23

ウクレレとピアノ

ポスト @ 21:06:21 | 音楽-

 勤労感謝の日。まったくだよ、と思いながら、いや、大して働いてない気もします。ともかく祝日らしいことを、と考えて、もう何年も前に録音した「青春の輝き」I Need to Be in Love(カーペンターズ)を YouTube にアップしました。ウクレレは僕で、ピアノは NK さん、写真は YK さんです。青春の思いを込めて弾いています。お聞きいただければ。

2022/11/14

カレン・カーペンター

ポスト @ 21:46:12 | 音楽-

 聞き逃しで「ディスカバー・カーペンターズ」を聞く。1曲目は「青春の輝き」、カレン・カーペンターの一番好きだった曲。亡くなった時、自分がカレンのいない世界で生きているということを深く感じました。あれは、と調べてみると 1983年2月4日。もうすぐ 40年。

2022/11/01

10月は去ってしまったけれど

ポスト @ 21:07:49 | 音楽-

 10月は去ってしまったけれど、When October Goes のウクレレ演奏を、テイク1として YouTube にアップしました。まだ覚え切れていないので譜面を見ているし、あせって手が泳いでるし、間違いも1箇所(以上)あります。それでも、ともかく、できました。なるべく原曲のピアノの音と響きを拾って、ウクレレの4本の弦で表現しようと頑張りました。原曲はキーが C#m で途中から Em に転調するのですが、ウクレレで弾きやすいように、半音上げて Dm から Fm に転調しています。
 愛してやまない曲だけれど、ウクレレ1本に編曲できるとは今まで思っていませんでした。現在 YouTube には、もうひとりウクレレ・ソロで弾いている人がいるんですが、Gm で転調なしで短く、かなり原曲とは異なるコードづけです。それでも、できることを示してくれて感謝しています。
 この曲の入ったアルバムを好んで聴いていたという大学時代の友人、MS さんに、そっと贈りたいと思います。お元気ですか。どうぞお体に気をつけて。

2022/10/31

10月が去ってしまう

ポスト @ 21:34:10 | 音楽-

 数日前から、夕食後はウクレレ演奏の録画。When October Goes (10月が去り行く時) をアレンジしたものの、まだ練習不足。でも今日が10月最終日。気合いを入れて、気持ちを込めて、何度も弾いて録画。ようやく(あまり)間違えないで弾けたので、これを YouTube に。まだミキシングや画像の編集が残っています。

2022/10/29

曲の頭切れ

ポスト @ 21:58:06 | 音楽-

 ウクレレに編曲して練習中の When October Goes。ぷりんと楽譜をダウンロードで買ってみたら、イントロの最初が不自然。ああそうか、弱起の曲なのに、出だしの3音が書かれていないんだ。でも変だなあ。
 そういえば YouTube で聞いても出だしの3音がなかったな。
https://youtu.be/t3uhLYqAHDw
で、CD から取り込んだものを MacBook で聞いてみる。やっぱりない。あ、そうか、この曲は前の曲の終わりにつながるようなタイミングで始まるから、デジタルだと出だしの3音が前のトラックに入っちゃってるんだ。
 でも、これ困りますよ。本当の最初から聞くには、前のトラックの終わりに自分で合わせて、連続再生しないといけないんです。出だし3音無しの譜面を書いた人は、アナログ版を聞いていなかったんでしょうね。それはイカーン。

2022/10/27

車で CD

ポスト @ 21:45:53 | 音楽-

 学生に音楽の聴き方をアンケートで聞いてみたら、やはりサブスクリプション(定額聴き放題)が多かった。CD を買ったことがないという人もいて、ちょっとビックリする。それでも、車を運転しながら CD を聞くという人も割といて、ちょっとホッとする。でも、これもだんだん廃れていきそうかな。

2022/10/23

MV ダウンロード販売

ポスト @ 21:59:38 | 音楽-

 同じく1年間無料配信を依頼した「ラララ・サンバ」のミュージック・ビデオ。YouTube にアップしているものと同じなのですが、買ってダウンロード保存できるのが違いなのかな。50 MB くらいで 408 円。いや、もったいないから YouTube で十分でしょうけど、レコチョクのリンクだけは張っておきます。
https://recochoku.jp/song/S1016338364?affiliate=4410101074
ついでに YouTube も。久しぶりに見るとすごい。大丈夫か。
https://youtu.be/9DrXYF0wvDc

2022/10/22

4つのこどものうた

ポスト @ 21:47:13 | 音楽-

 自作の「4つのこどものうた」(2, 3, 4 は HH さん作詩)が今日リリースされました。iTunes Store、Apple Music、Spotify、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで。無料で全部聞けるのは YouTube Music。
https://music.youtube.com/watch?v=uof3t1S6p0E&list=OLAK5uy_lN4T7DQJ1G3ex79lN2M4pcqJOecTaUgq4
1曲目の「ワンパクとうさん」だけ表示されますが、画面一番下の「4つのこどものうた」をクリックすると全4曲、16トラックが出てきます。
1年間限定のつもりです。お早めにどうぞ。
 プロの歌い手さんにお願いできればよかったんだけれど、伝も時間もなくて自分で。結果、ソロとしてアーティスト登録しちゃったけれど、大丈夫か?
4children jacket270.jpg

2022/10/16

無料配信

ポスト @ 21:26:51 | 音楽-

 TuneCore Japan の無料配信キャンペーンは、アルバムの他にシングルとミュージック・ビデオも1年間無料とあったので、自作の「遠い8月」と「ラララ・サンバ」を依頼しました。もうすでに、アルバム「あなたのための8つの歌」でも配信しているし、YouTube にもアップしているのですが、まあシングル・カットということで。ダウンロードで買ってもらえると、うれしいです。いや、ご無理いただく必要はありません。配信開始は全部 10/22 くらいらしいです。

2022/10/15

タブ譜ほぼ完成

ポスト @ 22:15:19 | 音楽-

 タブ譜ほぼ完成。1週間ほどかかりました。ぷりんと楽譜でピアノ伴奏譜の PDF を買って、iPad に移して、アプリで MusicXML ファイルに書き出し、MacBook に戻して Finale で移調(C#m から Dm)と手直し。メロディーとピアノの和音をウクレレ1本で、なるべく表現する。地味ですが、楽しい作業です。でも、やっぱり疲れたな。

2022/10/14

iPad でタブ譜を書く

ポスト @ 21:51:03 | 音楽-

 バリー・マニロウの When October Goes をウクレレ・ソロに編曲中。細かいところを忘れちゃうので、タブ譜を書くことに。いつも使っている自作の PDF を印刷したところで、待てよ、と。紙に書いても、すぐに間違うから、鉛筆・消しゴムだと汚れちゃう。iPad に Apple Pencil で書けば、何度でもきれいに直せるな。
 GoodNote にタブ譜の PDF を読み込んで書いてみると、これは便利。小節の縦線もきれいに引ける。ナイスです。

2022/10/09

UAD を M1 Mac に

ポスト @ 21:32:16 | 音楽-

 これまでは 2018 年に買った MacBook Pro 15 インチに、ユニバーサル・オーディオ社のプラグインを入れて Apollo Solo で録音していましたが、今年の春に、公式ページに M1 Mac に対応するアプリケーションがアップされたので、ようやく僕も M1 MacBook Air (2020) にインストールしました。上手くいくか不安でしたが、何とか。こっちの方が性能が高いはずだから、余裕が出来るんでしょうね。いや、よくわかっていないんですが。

2022/10/08

童謡アルバム

ポスト @ 21:23:16 | 音楽-

 音楽配信の TuneCore Japan が 10 周年記念で、シングル、アルバム、ミュージック・ビデオの1年間無料配信キャンペーン中。おっと、それなら何かを。
 考えた末、まずアルバムは、著作権の問題がない自作の4曲(内、3曲の作詩は HH さん)を、器楽版、ピアノ版、それぞれのカラオケ版の4バージョンで、4 x 4 の 16 曲として入れちゃおう、と。
 作業してみると、それぞれの最終版がどのファイルだったかとか、まだカラオケは作っていなかったとか、で大変。これは時間かかるな。締め切りは 14 日だから、あと6日。

2022/10/02

君住む街角

ポスト @ 21:46:54 | 音楽-

 この数ヶ月、毎晩「君住む街角」On The Street Where You Live を弾いていて、先月後半は録画をしていました。比較的上手く弾けたものを聞き比べて1本を選択。これまでは高音質ビデオカメラで撮ったものを、そのままアップしていましたが、今回は Final Cut Pro に取り込んで、音声を分離して Logic Pro へ。イコライザとリバーブ(のプリセット)で音質を調整して、Adaptive Limiter でレベルを上げました。それを Final Cut Pro に戻して書き出し。手間をかけたのですが、どうでしょうか。いや、まず演奏が大したことないのは、しょうがないです。

2022/10/01

童謡祭・学会・講演会

ポスト @ 21:34:28 | 学会,音楽-

 土曜の今日は、東京で童謡祭と学会と講演会。札幌にいるので、オンラインのある学会と講演会に参加。童謡祭もハイブリッドで開いてくれればなあ。参加費は払っているんだし。無事に作品は歌ってもらえたのかな。CD が送られてくるまではわかりません。まだまだ先のことでしょう。
https://douyou.jp/?p=6745

2022/09/28

中古レコード

ポスト @ 21:04:13 | 音楽-

 ネット検索したら、「進め!しんじ君」の入った LP 2種類とシングル・レコードがオークションで出ていたので入手しました。発売から長い時間を越えて家にやってきた。ようこそ、久しぶり。

2022/09/27

録音ミックス技術

ポスト @ 7:56:03 | 音楽-

 作曲したものを録音して調整・ミキシングする技術。最近まで考えたことがなかったのですが、やっと少しずつですが理解できるようになりました。今はコンピュータで色々できるので、個人でも勉強すれば良くしていくことが出来そうです。学ぶことは、たくさんあるなあ。

2022/09/25

「大きな古時計」は歌いにくい

ポスト @ 21:45:30 | 音楽-

 講義の内容を考えていて、区切りの良くない曲を探していました。「大きな古時計」はどうだったかな。おや、「チックタックチックタックおじいさんといっしょにチックタックいまはもう」のところが厳しいぞ。「クお」と「クい」の間に意味の切れ目があるのに休符がないし、chiku-taku chiku-taku o と歌おうとすると、最後の taku の u を発音する時間がありません。実際、いろいろ聴いてみると、tak o と皆さん歌っていますね。 tak と o の間で息継ぎをしている歌手の方もいて、衝撃を受けました。

2022/09/24

来週は童謡祭

ポスト @ 21:52:02 | 音楽-

 来週は東京で童謡祭。作曲した歌は提出して、演奏される予定ですが、残念ながら会場には行きません。去年もそうだったので、来年は行けるようになるかな。今は無理しないで、歌作りに専念します。

2022/09/19

作曲制作メモ3

ポスト @ 21:53:20 | 音楽-

 先日アップした「ファイアー九州!」は、地方プロレス団体のテーマソングとして作ったものです。論文か何かの締め切りと重なって、時間がない中、うわあっと作って送ったら、コーラスが最初の1回しか入ってなくて、ひどかった。聞き直す時間もないまま締め切り時間直前に送信したから。で、ボツでしたが、せっかくなのでコーラスを入れ直して完成しました。久々のマイナーで、結構それらしくできたように思います。最後のシャウトは、普段はミくらいまでしか声が出ないのですが、思いっきり叫んで、上のラを出しています。出るんだな、と。台風や豪雨、地震などで大変な九州を応援。熱いです。

2022/09/17

作曲制作メモ2

ポスト @ 21:10:15 | 音楽-

 牛の写真は、アメリカはマサチューセッツ州アマーストのバーバラ・パルティー先生の家で2012年に撮ったもの。1998-99年に1年住んでいて、十数年ぶりに訪ねた時に、裏庭の隣の農場にヒョコっといたのでした。ギターの TS さん、3人のコーラスの方、少年少女合唱団サンフラワーの皆さんにお世話になりました。ロックンロール。

2022/09/15

作曲制作メモ1

ポスト @ 21:02:50 | 音楽-

 先日 YouTube で公開した4曲の制作メモ、その1。「お茶と富士のワルツ」は、楽譜スコアを Finale で書いて、Logic Pro に移して、BBC Symphony Orchestra Discover という無料音源を加えて 27 トラックで作っています。初めてコンピュータで作ったオーケストラ曲です。大したことないですが、それでも時間をかければ、ある程度の音楽が作れるんだとわかりました。お茶のイベントで不採用だったので、またタイトルを変えて別なところに出すかも。黙っていて下さい。

2022/09/14

会員名簿のリンク

ポスト @ 21:48:27 | 音楽-

 日本童謡協会のウェブサイトには会員名簿があって、名前のリンクから、それぞれのホームページなどに飛べるようになっています。ところが、手違いで僕の名前をクリックすると別の会員の方のページに行ってしまい、ご本人の名前にはリンクがありませんでした。それには前から気づいていましたが、今週やっと協会の事務の方に連絡して、修正していただきました。その方にご迷惑をおかけしたなあ、と思います。せっかくなので、僕の名前にも先日作った「子どもの歌」ページのリンクを張ってもらいました。事務の方、ありがとうございました。
https://douyou.jp/?page_id=2017

2022/09/09

夏休みの作業

ポスト @ 17:50:27 | 音楽-

 夏休み3日目。さて何をしようか。懸案だった個人ホームページの更新を。英語だけの見出しだったので、日本語も付けて、音楽ページに、未公開だった4曲「お茶と富士のワルツ」、「そしてまた島へ帰ろう」、「ファイアー!九州」、「西おこっぺのセトウシくん」を加えました。さらに、別の見出し・ページとして ”Songs 曲” と ”Children's songs 子どもの歌” を作って、YouTube のリンクを張りました。あとは、ウクレレのページも別に作りたいです。まだ途中ですが、下にリンクを張っておきます。4曲は応募して不採用だったものですが、それなりに面白いので、よろしければ聞いて下さい。うわ、こんなことやってるんだ、と、みなさんの悩みもストレスも吹っ飛ぶことでしょう。とくに後の2曲。
https://sites.google.com/site/hisaotokizaki/hisao-tokizaki-web/songs-曲

2022/08/19

新しい童謡集 2022

ポスト @ 21:29:47 | 音楽-

 日本童謡協会の『新しい童謡集 2022』が届きました。秋の第44回童謡祭参加作品集で、HH さんの詩に僕が作曲した「テレビでんわを してみたよ」を載せてもらっています。昨年の「冬の風は床屋さん」は、見開き2ページに縦書きの詩とメロディー・ピアノ伴奏譜が収まったのですが、今年は小節数が増えて、1,2番括弧も使ったので、楽譜だけで2ページ、縦書きの詩は別の離れたページになってしまいました。一生懸命2ページに収めようとしたんだけれど無理でした。ちょっと残念。いや、でも別ページの方が、詩が味わい深くなるかも。

2022/07/31

長い爪でコードを押さえる人

ポスト @ 21:54:24 | 音楽-

 先日のウクレレ・フェスティバルで衝撃的だったのは、ハワイの女性歌手。左手の爪を長く伸ばしてウクレレを弾いていたのです。え、絶対コード押さえるの無理じゃん、と思っていたんですが、なぜか大丈夫みたい。いつも左手が映っていたわけではないので、確証が持てないのですが。でも何で離れたポジションを押さえられるのだろう?

2022/07/30

夏にありがとう

ポスト @ 9:16:20 | 音楽-

 ラジオの「ひるのいこい」で懐かしい曲を聴いてしまった。因幡晃さんのファーストアルバム『何か言い忘れたようで』に入っていた「夏にありがとう」。いかん、これ当時、大好きだったんだ。頭でリピートして離れなくなる。
 と、何十年経って、初めて気がつきました。僕の「時は過ぎても」は、この曲に影響を受けていることを。 B メロの出だしが、この曲のサビと何音か同じで、歌詞のイメージも重なるところがある。でも、メロディーは、すぐに別のものになるし、言葉も情景も異なるので。あくまで僕の中から出てきたものです。

2022/07/25

最後のウクレレ・フェスティバル

ポスト @ 21:40:21 | 音楽-

 先週の月曜(ハワイは日曜夜)に第52回のウクレレ・フェスティバルがオンラインで配信されました。録画ではありますが、リアルタイムで見ることが出来て良かったです。ロイ・佐久間さんが52年間ずっとホノルルで続けてこられた。ちょっと出来ないことです。僕は1998-1999年に研究休暇でアメリカのマサチューセッツ大学に滞在していたので、こんなチャンスは2度とないと思って7月にアメリカ北東部から、アトランタ、ロサンゼルス、だったか、飛行機を3本乗り継いでホノルルに行きました。カピオラニ公園で見たフェスティバルでは、大トリ前の若者3人組バンドに感激。名前も覚えられなかったので、現地のCDショップで、クレージーなウクレレ・プレーヤーがいるバンドのが欲しい、と聞いたのでした。それがジェイク・シマブクロの Pure Heart だった。
 もう一度行きたいな、と思いながらも、かないませんでした。でも、一度のチャンスを実現できて良かった。ただ、長時間の飛行機のの乗り継ぎで、耳がおかしくなって、しばらくダメでした。

2022/07/03

週末らしいこと

ポスト @ 21:45:17 | 音楽-

 昨日の土曜は、午後にオンラインの講演会(大阪)を聴きました。5月14日から、1回空いただけで7週末連続で、学会や研究会。オンラインだから、できることですね。
 今日日曜は、午前は大学のレポート・チェック。少しは週末らしいことを、と思い、夕方、音楽制作をちょっとだけしました。音楽も MacBook Air を使うのが、ちょっとなあ。指と腕が疲れます。

2022/06/15

カーペンターズ楽譜集

ポスト @ 22:05:19 | 音楽-

 FM放送をきっかけに、夕食後にギターでカーペンターズを弾いています。YouTube で合わせて弾くと、音が広がって、バンドの中で演奏している気分が味わえます。昔買った楽譜集が詳しくて便利。

2022/06/13

親切臨時記号

ポスト @ 21:59:52 | 音楽-

 『新しい童謡集 2022』に載せてもらう自作曲の楽譜浄書を送ってもらったので、校正をしました。とはいっても、間違いなど、ひとつもなし。今日は出版社の方に OK の電話をしました。
 元の原稿と変わっていたのは、親切臨時記号というナチュラルが付け加えてあったこと。臨時記号で音符にシャープ♯を付けても、次の小節ではナチュラルに戻る、というのが決まりなのですが、奏者の考え違いを防ぐために(親切で)ナチュラルを付けておく、というもの。初めて知りました。

2022/06/12

YouTube とギター

ポスト @ 21:56:34 | 音楽-

 夕食後のギター練習は、YouTube で昔の歌を聴きながら、それに合わせて弾いています。ちょっと振り返りばかりになっちゃうのが難点ですが、アコースティックギターだと、どうしても。

2022/06/08

カーペンターズ発見

ポスト @ 21:57:53 | 音楽-

 FM で「ディスカバー・カーペンターズ」が4月から放送されていることに気づきました。しまった。まぁまだ6月だから、そう思って1年間楽しみに聴いていきます。らじる・らじるの聞き逃しで。

2022/05/06

音量の小さな楽器

ポスト @ 21:01:45 | 音楽-

 坂本龍一さんの対談本『ピアノへの旅』を読む。ピアノよりも音量の小さなクラヴィコードという古い楽器への関心を語っていて面白かったです。考えてみればウクレレも音が小さい。そこがいいところなんだなあ、と再認識しました。親密な楽器です。

2022/05/05

「進め!しんじ君」ピアノ伴奏版

ポスト @ 21:10:21 | 音楽-

 「進め!しんじ君」のピアノ伴奏版を作りました。1.LALAL.AI というサイトを使って、CD音源から芹洋子さんの歌を伴奏から分離して取り出す。2.『みんなのうた』テキストなどに載っている若松正司さん編曲のピアノ伴奏を楽譜 Scanner というアプリで読み取って Logic にインポートし、読み取りの間違いを手で修正。3.芹洋子さんの歌を Logic に入れ、ピアノ伴奏と合うようにテンポの揺れを微調整。
 ずいぶんと時間がかかりましたが、歌:芹洋子さん、ピアノ:若松正司さんによる「進め!しんじ君」が完成しました。著作権などの問題がありそうなので、ひっそりと限定公開します。お聞きになりたい方は、ご連絡下さい。

2022/04/17

毎日ギター

ポスト @ 21:22:28 | 音楽-

 毎日夕食後は、ウクレレ、ピアノ、ギターを少しだけ弾いています。すっかり下手になってしまったギターは、握力が弱っているのか、簡単なコードも押さえられない始末。それでも毎日というのは、すごいもので、ほんの少しずつ弾けるようになってきています。楽器に限らず、何でも毎日がいいんでしょうね。

2022/04/05

エアロバイクでウクレレ

ポスト @ 21:45:09 | 音楽-

 iPad を見ながらエアロバイクを漕いでいたら、「一番に教えたい」という曲のコード進行が知りたくなって、YouTube で再生。ますますわかりたくなって、ウクレレも持ってきて、聞きながら、弾きながら、30分以上漕ぎました。これ、端から見たら、とんでもない人だよなあ。
 で、細かいところは、まだわかっていません。また、やらないとダメなのか。両手をハンドルから離してウクレレを抱えているから、エアロバイクから落ちないように気をつけないと。

2022/04/04

楽譜を送る

ポスト @ 21:09:11 | 音楽-

 昨日、日本童謡協会あてに新作「テレビでんわを してみたよ」の楽譜を郵送。PDFをメールに添付、が速くて簡単なのですが、紙版を投函、というのもリアル感があって、これはこれで味があるなあと思いました。これで秋の童謡祭に作品参加できます。ボツがないのは気持ちがいい。ただ参加料が高い・・。
 今回の楽譜は毎日のように少しずつ直したので、バージョン39まで行きました。2年前は、楽譜の正式な書き方も知らず、ピアノ伴奏を考えるのも初めてで、左手はベース音、右手はほぼコード(和音)を弾くだけでした。今回は、幼稚園児が歌いやすいように、左手でベースとコード、右手でメロディーを弾くように作曲しました。本で、簡単な対位法や和声を勉強したのも良かった。演奏してもらうのが楽しみです。

2022/03/26

楽典・楽譜の書き方

ポスト @ 21:04:37 | 音楽-

 楽典・楽譜の書き方の本を買いました。文庫本サイズでも詳しい。新作の楽譜を『新しい童謡集2022』に載せてもらうので、きちんとしないといけません。皆さん、プロの方なので。緊張感があって、勉強になります。ポコ・ア・ポコ、少しずつ。

2022/03/21

書くことは1つに決めること

ポスト @ 22:26:54 | 音楽-

 ずうっと新作童謡の楽譜、特にピアノ伴奏譜を手直ししています。何せ、締め切りまで時間がありますから(論文原稿もこうだったらいいのに)。書くということは、いろいろな可能性を考えた上で、1つに決めることですね。どう書いたら一番良いのか、これは迷います。だから作曲家によっては、何年版とか、いくつかのバージョンを作ってしまう人もいるんですね。もちろん僕は全然たいしたことないので、どれか1つに決めます。で、どうしようかな。

2022/03/17

こども学科図書

ポスト @ 21:33:49 | 音楽-

 新作童謡のピアノ伴奏でまだ悩み中。楽譜集を大型書店で買って参考にしようと考えて、待てよ、と思いつきました。大学の短大部に「こども学科」ができたんだっけな。もしや、と思って図書館の蔵書検索で「ピアノ伴奏」と入力。ありましたぁ、こども学科図書コーナーが。曲集が10冊くらいあったので、『保育のうた』などの3冊を借りてきました。ふむふむ、なるほど。

2022/03/13

ピアノ伴奏に悩む

ポスト @ 21:28:07 | 音楽-

 締め切りが4月11日なので、まだ新作童謡のピアノ伴奏に悩んでいます。毎日、弾いて考えて直していて、楽譜はバージョン26まで来ました。誰にでも弾けて音楽的にも豊かなものが理想(例えば、ぞうさん)、と KS 先生に伺ったので、時間のある限り追求したいのですが、何せ、ピアノの経験がわずかですから。もっと楽譜を見て、本も読んで、勉強しないと。

2022/03/12

みんなのうた60フィナーレ

ポスト @ 21:16:56 | 音楽-

 3月5日土曜と6日日曜に「みんなのうた60フィナーレ」が放送されました。僕はテレビを持っていないのですが、インターネットで見逃し配信を見せてもらうことができました。芹洋子さんが出演して「思い出のアルバム」を歌うと聞いていたので、もしかしたらと思っていたら、僕の「進め!しんじ君」もサビのところが放送されました。よかったあ。
 芹洋子さんは「みんなのうた」で10曲を歌っていて、60年間の最多登場歌手ランク7位でした。貢献できて良かったです。アニメーションの堀口忠彦さんは第4位。描いていただいて有り難い限りでした。
 この番組の中でも、スタジオの出演者が、「かわいい」と言いながら、ニコニコして見て聞いていました。うれしいです。
スクリーンショット 2022-03-14 17.41.12 copy.jpg

2022/02/27

ピアノ伴奏勉強中

ポスト @ 19:48:18 | 音楽-

 新しい童謡のメロディーは、ほぼ完成したので、ピアノ伴奏を考えています。自分で上手く弾けなくても、楽譜ソフトが演奏してくれるので良いのですが、弾きやすくて音楽的にも良い伴奏は難しいです。ただ、何せ、ピアノはバイエルが終わったかどうか、くらいなので、その点は実は童謡には向いているかもしれません。自分で弾けない、弾く気が起こらないようなピアノ譜にはならないですから。ただ、ピアノではどういう伴奏パターンがあるのか知らないので、『新しい童謡集』2010, 2021 を熟読して勉強中。

2022/02/20

休む週末

ポスト @ 21:38:06 | 日常,音楽-

 論文集の締め切り、一般入試、ワークショップと3週続いたので、久しぶりに休む週末。締め切りの黒い雲が遠くに見えるけれども、まだ近づくまでには時間がありそう。これは休まないと。
 昨年末のブラック・フライデーで買った総合音源 Kontakt 6 が使えてないことを思い出し、問い合わせ。「クロスグレード版は、アカウントに対象製品がないとアクティベートできないバージョンです。」あ、そうでした。踏み台と言われる他社の無料音源をダウンロードしたものの、登録してなかったんだ。で、できました。今の半額セールより安く買えて良かったです。

2022/02/17

童謡の音域

ポスト @ 21:22:02 | 音楽-

 童謡祭の作品を作曲中。子どもが歌えるような音域、という指定があるので、考えないといけません。で、子どもはどこからどこまで声が出るのか。日本童謡協会の『新しい童謡集』2010(NM 先生に送っていただきました)と 2021 を見てみると、大体はドから1オクターブ上のレまでのようです。その下のラから上のファという曲も見つけましたが、あまり好まれないのでしょう。
 ということで、下がりたいメロディーもがまんして下げず、上げたいところも・・と作っていくのは、なかなか大変です。そして、狭い音域でシンプルなリズムとなると、これまでの曲と似てくるという問題もありますね。ううむ。
 などなど考えながらも、HH さんの詩に、1週間くらいで、いちおう曲をつけることができました。4月初めが締め切りなので、ピアノ伴奏も含めて、ゆっくり直していきます。

2022/02/10

童謡の作曲

ポスト @ 21:44:19 | 音楽-

 日本童謡協会の作品募集が来たので、また作詩の HH さんにお願いして、曲をつけさせてもらうことにしました。まずは詩を読み込む。言葉のリズムとアクセントを確かめながら、浮かんでくるメロディーを頭の中で繰り返す。少しずつ、少しずつ。

2022/02/04

本で音楽を学ぶ

ポスト @ 21:15:46 | 音楽-

 オーケストラ・アレンジの本を少しずつ読んできて、もうすぐ読了。きちんとは読んでいないんで、もう一度機会を見つけて読もうと思いますが、シリーズ最後の和声学の本を注文。3冊でも6千円くらい。安く学べてありがたいです。

2022/01/30

作っていること

ポスト @ 21:02:31 | 音楽-

 論文などの締め切りがたくさん月末にあるので、作曲のコンテストは昨日送りました。気になって他に影響するし、まあ、できることはやった、というところまで行ったので。毎日聞きながら少しずつ修正してきたので、終わって寂しい。ボツでも何でも、作っていることが音楽なんだな。

2022/01/29

27インチモニターで楽譜

ポスト @ 7:53:23 | 音楽-

 応募する曲を作っていて、Logic Pro の楽譜モードで修正作業。トラックを26も作っちゃったので、MacBook Air に27インチモニターを接続してみました。おお、当たり前だけど、これは見やすい。たいした曲ではないんだけれど、何段ものスコア(総譜)を縦線が右に移動しながら、オーケストラの音を再生してくれると感動します。

2022/01/23

スコア付き演奏

ポスト @ 21:48:54 | 音楽-

 YouTube で、クラシック音楽のスコア付き演奏を視聴しています。総譜が画面に出て演奏が始まり、進むにつれてページがめくられていくので、とてもありがたい。欲を言えば、演奏している箇所に縦線が出て動いていけば最高なんですけど、さすがにそれは。例えば、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」。
https://youtu.be/yQNJvhdh-Y0
魔法の秘密がわかるようで面白いです。パートの受け渡しで波を左右に動かしているのかな、と思われるところ。
https://youtu.be/yQNJvhdh-Y0?t=288
他にもいろいろな曲があるので、楽しみにしています。

2022/01/22

オーケストラ作品

ポスト @ 22:04:25 | 音楽-

 コンテストの応募作品で、オーケストラの曲を作っています。何せ初めてなので、試行錯誤です。ただ、昨年、自作の「冬の風は床屋さん」で、ピアノ伴奏版の他に、室内楽アレンジもして練習したので、スコア(総譜)を書くのは2回目。欲張らず、楽器の数を少なくして、完成を目指します。

2022/01/14

iPad で楽譜書き

ポスト @ 21:20:43 | 音楽-

 iPad の GoodNotes 5 に五線紙を読み込んで、Apple Pencil で楽譜を書くようにしてみました。Finale などの楽譜ソフトだと4分音符や8分音符、休符などを切り替えて入力するのが面倒。この手書き方式なら、サラサラと書いて、間違ったら消して、と気持ちよくできます。ただ再生は、してくれない。手書き楽譜を認識して、音を鳴らしてくれるアプリがあれば。

2022/01/08

ドラムス入門

ポスト @ 22:12:25 | 音楽-

 昨年末のブラック・フライデーのセールで、EZ Drummer という、ドラムのソフト音源を買いました。ジャンルなどでパターンを選んでいけば、ドラムのトラックができるという簡単なものです。これまでは Logic Pro X の Drummer を使ってきたのですが、もうちょっとなんとかできるかもと思ったわけです。こちらは、ドラムのセットがイラストで表示されるので、直感的でわかりやすいです。とにかくドラムはたたいたことがほとんどないから、まずはこれで入門します。

2022/01/05

対位法入門

ポスト @ 21:19:46 | 音楽-

 昨年の暮れから『やさしく学べるポピュラー対位法』という本を買って読んでいます。簡単な編曲ができるようになりたいのです。説明を読んで練習課題を作っていく形式。早く全体を知りたいので、課題の譜面を見ても、ピアノを弾かず、楽譜も書かないで頭の中だけで適当に作っているので、全然ダメかもしれません。まあ、ともかく少しでも。

2021/12/19

高校時代の作曲

ポスト @ 21:54:45 | 音楽-

 高校時代に作った曲を思い出して、せっかくだから録音しておこうと。中学からの友人 YM さんの「祖母へ」という詞に曲を付けたものです。お元気でしょうか。数十年前に歌っていた歌詞を思い出すことができて、自分でもびっくりしました。当時のバンドの MH さんに電話して、ギターを弾いてもらうことにしました。

2021/12/14

C が押さえられない

ポスト @ 21:00:00 | 音楽-

 毎日夕食後に、ウクレレ、ピアノ、ギターと少しずつ弾いて練習しています。ところがギターで C のコードがきちんと押さえられなくて愕然。人差し指が1弦に触れてしまって音が出ない。こんな基本ができなくなっているとは。指が柔らかくなっちゃったんでしょうね。

2021/12/09

ウクレレ録画

ポスト @ 21:21:01 | 音楽-

 このところ毎日、夕食後にウクレレで「A列車で行こう」Take the A Train を弾いて録画しています。必ずどこかで間違えるので、完成しません。いつかできると信じています。できるかな。

2021/12/03

先生と言われること

ポスト @ 21:34:20 | 音楽-

 先日、東京の日本童謡協会に電話で問い合わせをしました。事務の方と著作権関係のお話をしたのですが、そういう文脈で「時崎先生」と言われて、ドキッとしました。なにせ、大したことないですから。気恥ずかしくも、ちょっとうれしい。ただ、本職が教員なので、先生と呼ばれることに慣れてしまっていますね。いけません。

2021/11/29

歌と伴奏を分離

ポスト @ 21:05:27 | 音楽-

 8月の童謡祭で歌っていただいた自作の「冬の風は床屋さん」は、きれいにライブ録音されていました。ただ、わずかな箇所で歌とピアノのピッチとリズムが少しだけずれている気がしたので、修正したくなりました。そのためには、まず歌とピアノの波形を分離しなければなりませんが、今はこれを自動でやってくれるサイトがあるんです。LALAL.AI という所に行って、音源をアップして歌だけ、そしてピアノだけを取り出す。残響が残るものの、ほとんど完全にできて、びっくり。ダウンロードした歌とピアノを Logic Pro に読み込んで、ピッチとリズムを微調整して完成。おおお。

2021/11/10

デモ・テープ

ポスト @ 10:55:54 | 音楽-

 文化の日にFMで放送された「今日は1日松田聖子三昧」。8時間半の番組の最後の30分ほどしか聴かなかったのですが、そこで、その前に作・編曲家の大村雅朗さんが作った「ガラスの林檎」と SWEET MEMORIES のデモ・テープが放送されたと聴いて愕然。聞き逃したあ。悔やんでも悔やみきれない。
 と思っていたら、らじるらじるの聞き逃しサービスで1週間聴けることが判明。うおお。で、聴きました、頭から 8 時間半。第1部の270分あたりから290分あたりで、2曲のデモ・テープと、遺作と言ってもいい「櫻の園」が流れます。松本隆さんが、これを世に出さなかったら僕の生きている意味がない、と思って作詞したという言葉、レコーディングの話、何よりも曲の素晴らしさ。
 あ、聞き逃しサービスは今日 11/10 水曜午後 6:50 配信終了だ。多くの人に聴いてもらいたいのに。

2021/11/09

童謡祭 CD

ポスト @ 21:49:34 | 音楽-

 11/5 金曜に、8月に東京で行われた童謡祭の録音 CD が届きました。日本童謡協会の会員になって初の参加。デビューとも言えます。HH さんの詩に僕が作曲した「冬の風は床屋さん」が歌とピアノで入っています。たくさんの人に聴いてもらいたいけれど、どうしたらいいのかな。

2021/11/06

作編曲家

ポスト @ 21:49:58 | 音楽-

 土曜日。やるべき仕事はいっぱいあるけれど、久しぶりに休むことにしました。で、これも、やりかけ、「進め!しんじ君」のピアノ伴奏譜を Logic Pro に取り込んで、演奏させるという計画。久しぶりに取り組んで、譜面を iPad の譜面スキャナーで Midi ファイルにして Logic にインポートしたものの、読み取りミスがいっぱい。仕方がないので、スキャナーから Music XML ファイルにして、楽譜ソフト Finale にインポートしました。譜面を時間をかけて修正して Logic へ。まだミスがあったのを直して、夕方に完成。1日がかりでした。
 ピアノ譜のアレンジは、テレビやCDのオーケストラ版と同じく、作編曲家の若松正司(まさし)さん。日本童謡協会の理事もされていたそうですが、お会いできず、残念でした。若松さんのウィキペディアに、編曲作品として「進め!しんじ君」が載っていて、うれしかったです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/若松正司#編曲

2021/10/25

ナット・キング・コールの日本語

ポスト @ 21:56:16 | 音楽-

 FM「世界の快適音楽」で聴いた、ナット・キング・コールの L-O-V-E ラヴ、日本語版。圧倒的に幸せな気持ちになりました。YouTube でも聴けるのですが、CD を探して注文しました。
https://www.youtube.com/watch?v=vQW6EzBZ5Vg
t の発音が、いかにも英語で、歯茎に舌がついているので、発音の講義で取り上げたいと思います。L と書いたら、ルック・アット・ミー。最高。

2021/10/24

ピアニストの気持ち

ポスト @ 21:53:11 | 音楽-

 ショパン・コンクールを同時に見てきて、ピアニストの方達の真剣な気持ちが伝わりました。雲泥の差の僕でも、鍵盤に向かう姿勢が少し良くなったような。良いものを見る、聴くことは大事なんだな。

2021/10/22

コンクール

ポスト @ 21:19:08 | 音楽-

 セミ・ファイナルからショパン・コンクールを YouTube で見ていました。同時中継だと、そこで集中して弾いているピアニストの方に感情移入して、もうドキドキして、大変でした。素晴らしい音楽を、ポーランドのホールにいるような気分で聴くことができて、よかったです。現代のデジタル技術に感謝。

2021/10/19

実態調査

ポスト @ 21:42:57 | 音楽-

 童謡協会経由で、音楽作家向け実態調査というアンケート用紙が送られてきました。契約や感染症での収入減などについてです。項目からだけでも、不安定で大変な状況が伝わってきます。システム全体が良くならないと、作家はつらいですね。

2021/10/16

440ヘルツ

ポスト @ 21:11:44 | 音楽-

 ウクレレ用のクリップ・チューナーが1つ壊れたので、また新しく買いました。大きくて見やすくて良いので、ギターのチューニングにも使っています。ところが、何日かして、あれ、なんか変だな、昨日合わせたはずなのに、もうずいぶんと下がっている。ギターってこんなに下がったっけ。
 で、気づきました。このチューナーは電源と楽器種別切り替え兼用ボタンの下に、基準の音高(ピッチ)を1ヘルツ単位で高くするボタンがついていたのでした。ラは基本 440 ヘルツなのに、気づかずにどんどん押していたようで450 ヘルツとかになっていました。それじゃあ、緩んでいなくても毎日下がってるって表示されるよなあ。
 ということで、このチューナーはライブ演奏であわてて使うと、他の人と大ズレということになるかも。注意が必要です。

2021/10/15

ストリート・ピアノの夢

ポスト @ 21:04:55 | 音楽-

 昨年の春から、ほぼ毎日、夕食後にピアノを練習しています。夢は、世界のどこかの街の、通りに置いてあるピアノで「ル・ローヌ」を弾くことです。上手く弾けてアンコールの拍手をもらっても、何せ、それしか弾けないので、いやあ、どうも、と立ち去る。悪くないでしょう。かなう日まで練習を続けます。

2021/10/14

拍は心理的実在

ポスト @ 21:17:22 | 音楽-,研究活動

 大きくて分厚い旋律法の本を読み終わりました。音楽の勉強になった上、言語との類似も感じました。拍(ビート)のところで、連続する音の最初を強い拍と感じるのは、心理的なものであって、実際に強い必要はない、との記述。うおお。言語で強勢のある音節を計測しても実際に強いという数字が出ない、ということがあると思います。それでも強く感じるというのが言語と音楽で共通するのでは、と考えました。いかがでしょうか。

2021/10/10

ラジオ体操ピアニスト

ポスト @ 21:40:11 | 音楽-

 ずっと続けているラジオ体操。先日、第1と第2の間、首の運動のところで、聞き慣れないピアノ伴奏。これは、いつもアドリブっぽく弾いている YK さんか? いや、なんか違うような。でも SH さんはいつも決まった自作曲だし、TN さんの新作にしては雰囲気が違う。いや、まさか4人目の新人採用だったりして。
 そう思って体操を続けたところ、番組終わりに、「ピアノは今日から新しく加わった SH でした」という HT さんの紹介が。うおお、当たったー。周囲を気にして小さい音でならしているラジオでも聞き取れたことに、よくわからない音楽的自信を持ちました。
 で、今日も書き終えたと思ったら、とんでもない強者の聞き手を発見。これはすごい。恐れ入りました。
https://undecided-blog.com/radio-exercise-pianist/

2021/09/20

ギターのタブ譜

ポスト @ 21:49:33 | 音楽-

 スカボロー・フェアの数十年前の楽譜を iPad で写真に撮り、「楽譜スキャナー」というアプリで読み取って MusicXML に変換。Finale にインポートして、シャープが落ちたり、7フレットにカポなのでキーが違ったりしているのを修正して、音符からギターのタブ譜を作ることができました。時間はかかったけれど、それもまた楽し。
 中学生の時に諦めた曲が、少し弾けるようになりました。テクノロジーのおかげ。いや、気持ちを持ち続けられていたことも大きいかな。毎日音楽、毎日練習。

2021/09/13

古い楽譜集

ポスト @ 21:20:02 | 音楽-

 YouTube に「アコースティックギター入門」という古い番組がアップされていて、エアロバイクを漕ぎながら見ています。「スカボロー・フェア」の回は印象深く、まねをすれば少し弾けるかも、とギターで練習を始めました。今はネット上にタブ譜がアップされていて参考になります。でも、ちょっと違うんじゃないかなと思ったり。お、そうだ、中学生くらいの時に『サイモンとガーファンクル・グレーテスト・ヒット』という楽譜集を持っていたっけ。もう、なくなってるだろうなあ、と本棚を探すと、何と、ありましたぁ。あのころは難しすぎて、諦めたんだけれど、今なら、少しずつ毎日弾いていけば、1年くらいでなんとかなる、というのがわかってきたので、やってみることにします。
 それにしても、1970年代の千葉の実家で見ていた楽譜集が、遙かな時空を越えて、今ここにあることに不思議な感慨を覚えます。「弾けないなあ」と思っていた自分に会って「時間をかければ、いいんだよ」と励ますような感覚です。

2021/09/01

無料オーケストラ音源

ポスト @ 21:50:57 | 音楽-

 Spitfire 社の オーケストラ音源 BBC Symphony Orchestra Discover。すぐ買うと 49ドル、5,000円くらいなのですが、アンケートに答えると2週間後に無料でダウンロードできるのでした。 僕もそうして入手しました。たくさんの楽器が入っていて、MacBook の Logic に打ち込むと、コンサートホールでの響きがします。有料の上位版に誘導しようという狙いなのでしょうが、これだけでも今は十分以上です。動画で見本もアップしていて、お気に入りは、モリコーネの「ガブリエルのオーボエ」です。

これをまねして打ち込んでいます。最初だけですが、その音がして感激。

2021/08/31

旋律と言葉

ポスト @ 20:59:51 | 音楽-,言語

 『ポピュラー音楽作曲のための旋律法』という本を買って読んでいます。最初のところで、メロディーは、五線譜のように左から右に一目で把握されるものではなく、時間を追って1音ずつが順番に聞こえるのであり、次にどういう音が来るかは、聞くまでわからないのだ、ということが書かれていました。ああ、これは、まさに僕が先週の講演で言語について話したのと同じこと。言葉も書いてしまえば、左右に一覧できるけれど、音声では次にどういう言葉が来て、どういう構造になるかは、時間順にしか、わからないのです。それをわかりやすくするために、人は・・というのが話のポイントでした。また、機会があれば書きたいと思います。

2021/08/13

集中から放心

ポスト @ 21:40:35 | 音楽-

 作曲募集の締め切り日。熱暴走の対処もわかって、細かいところをひたすら修正して、午後に完成。と決めた、というべきでしょうね。キリがないですから。
 録音ファイルをメール添付で送信したら、放心状態になりました。この数日、朝から(下手すると朝食前から)晩まで、この音楽制作だけをやっていましたから。あ、終わっちゃったんだ、もっとやっていたかったな、楽しかったのに、という気持ち。これから、どうしたらいいんだろう。
 答えは簡単で、研究ですね。やることがたくさん、次々に迫ってきます。ということで、夏休みは5日ほどで終了しました。

2021/08/11

和音好き

ポスト @ 21:28:33 | 音楽-

 和音が大好きです。ドミソみたいなシンプルなものから、ちょっと音を変えたり足したりすると、まるっきり違う印象のものになる不思議。ギターを弾き始めた中学の頃から、メジャーセブンス、ディミニッシュ、オーグメント、・・と心引かれてきました。そして和音の進行。この和音から、次のこの和音に移るのがたまらない、という心の動きは本当に不思議です。ピアノを少しだけ弾けるようになって、複雑な和音も考えやすくなったので、世界が広がりました。今回の曲も、良いコード進行を、と思っています。

2021/08/10

夏休み宣言

ポスト @ 21:22:54 | 音楽-

 これから仕事がたくさんあるのがわかったので、この数日は、はっきり夏休みにすることに。金曜締め切りの作曲募集があるので、それに専念。何もないところから、イメージを作っていくのは面白いです。今回もテーマがあるので、それをよく読んで、4日間で完成を目指します。できるかは不明。

2021/07/25

演歌ネット配信

ポスト @ 21:50:29 | 音楽-

 「ハマナス恋便り」のネット配信をTuneCore Japan に依頼しました。明日には「Apple Music, Spotify, YouTube Music など世界185ヵ国以上で」(宣伝文句)聞けるようになるはずです。でも演歌ですからね。3年契約で配信料(4,000円くらい)の元が取れるのか。それでも聞いてもらえる可能性が出てくるというのは、この時代ならでは。

2021/07/24

ハマナス恋便り

ポスト @ 22:16:35 | 音楽-

 実は、この半年ほど、5年前に作った演歌をリメイクしていました。メロディーと伴奏は同じですが、 HH さんに新しい歌詞を書いてもらい、歌も関西在住の葵 金珠(あおい きんぎょく)さんに依頼してもらいました。ミキシングは編曲の NK さん。写真もカメラマンに依頼して、動画を僕が Final Cut Pro X で作りました。YouTube にアップしましたので、ご覧下さい。Rose Hipper Sounds レーベル第1弾、「ハマナス恋便り」です。

2021/07/15

楽譜集

ポスト @ 21:08:51 | 音楽-

 日本童謡協会から『新しい童謡集』が届きました。8月の童謡祭で発表される歌の楽譜です。HH さんと僕の「冬の風は床屋さん」も掲載していただきました。自分の曲が曲集に入るのって、「進め!しんじ君」以来なので、ありがたいです。もっと楽譜の形にしておきたいな。

2021/07/11

自主レーベル

ポスト @ 21:38:25 | 音楽-

 音楽制作で、HHさん、NKさんと自主レーベルを作ることになりました。とんでもないことのようですが、お金もかからず、ただ宣言するだけ、ということなので。危険性がない限り、何でもやってみます。

2021/07/05

ダイジェスト版

ポスト @ 21:39:08 | 音楽-

 「進め!しんじ君」は、毎回同じで2曲目として2番だけが放送されているようです。ちょっと残念。七月後半は、3曲目として2コーラス、フルにかかったりしないかな。いや、ぜいたくは言わないでおきます。ありがたいことで。

2021/07/02

ピアノ練習1年

ポスト @ 21:39:23 | 音楽-

 服部克久さんが亡くなられた直後から、「ル・ローヌ」を毎日夕食後に1回弾いてきました。最初は全然ダメで、無理だなと思っていましたが、だんだんと弾けるようになってきました。旅もないので、本当に1年間、毎日練習。成果は出るんだな。

2021/07/01

みんなのうた 60

ポスト @ 21:50:37 | 音楽-

 60周年ということで「みんなのうた 60」として、スペシャル番組が再放送 B 枠で放送中。年代別に「ダイジェスト(2曲〜3曲)」+「1曲まるごと」で5分間。僕の「進め!しんじ君」も、めでたく7月いっぱい放送。今日、初回を見たところ、2曲目にダイジェストとして2番からが放送されました。予定は次ですので、どこかでご覧下さい。
総合テレビ
午前10:50〜10:55 土曜日
Eテレ
午前 8:55〜 9:00 月曜日
午後 0:55〜 1:00 火曜日
午後 4:00〜 4:05 木曜日

2021/06/25

君といっしょだから 公開

ポスト @ 21:27:21 | 音楽-

 かぶらの里童謡祭は、今年も中止。気持ちが冷めないうちに、自分でも歌って録音しておこうと思い、動画も作ることにしました。問題はピアノ。RS さんが編曲してくれたピアノ伴奏は、全く弾けないわけではないけれど、間違えずに1曲通すことは不可能。そこで、楽譜を Finale に打ち込んで MIDI ファイルを作り、Logic Pro に入れて MacBook に弾いてもらいました。せっかくなので、僕がピアノを弾いているような感じで撮影して合成。嘘をつくのは嫌なので、ここに書いておきます。でも、いちおう弾こうとしていてるんですよ、大きく間違ってばかりですが。
https://youtu.be/9RLqV1T5oXY

2021/06/14

ああせいこうせい

ポスト @ 21:45:23 | 音楽-

 小林亜星さんが亡くなられた。童謡協会の名簿でお名前を拝見し、ずいぶんとお年になられたはずだし、と思っていたところでした。最近は、作曲を続けていて、どこに出すあてもないから歌って、と周りの人に曲をあげておられた、という記事も読んでいました。
  何十年も前のこと。自作の「進め!しんじ君」で NHK「あなたのメロディー」の年間コンテストで特別賞(作曲賞)をいただいて、終了して NHK ホールのステージ袖に下がったところ、審査員の亜星さんも戻っていらした。すかさず、「(ご著書の)『ああせいこうせい』読みました」と言ったところ、「ああ」みたいな照れたお返事。「ちっちゃなちっちゃな、がいいメロディーだったね」とほめてくださった。握手してください、に「おめでとう」と。感激でした。
 シンプルで心をつかむメロディーは、亜星さんの真骨頂だったし、僕もそんなふうに、と憧れていました。ありがとうございました。

2021/06/13

「小海線」チャートイン

ポスト @ 21:13:57 | 音楽-

 配信をお願いしている tuneCORE JAPAN の自分のページを見ていたら、作曲・演奏した「小海線」が 、TOP 50 チャートイン iTunes Store トラディショナル・フォーク トップソング 日本 49位 2020年7月27日 と表示されているのに気づきました。何じゃ、そりゃ。ジャンルがマイナーなので、チャートインしたんでしょうかね。ともかく、めでたい。たぶん。
小海線チャートイン.jpg