カテゴリー : 音楽-

このカテゴリーの登録数:664件 表示 : 1 - 100 / 664

2022/06/15

カーペンターズ楽譜集

ポスト @ 22:05:19 | 音楽-

 FM放送をきっかけに、夕食後にギターでカーペンターズを弾いています。YouTube で合わせて弾くと、音が広がって、バンドの中で演奏している気分が味わえます。昔買った楽譜集が詳しくて便利。

2022/06/13

親切臨時記号

ポスト @ 21:59:52 | 音楽-

 『新しい童謡集 2022』に載せてもらう自作曲の楽譜浄書を送ってもらったので、校正をしました。とはいっても、間違いなど、ひとつもなし。今日は出版社の方に OK の電話をしました。
 元の原稿と変わっていたのは、親切臨時記号というナチュラルが付け加えてあったこと。臨時記号で音符にシャープ♯を付けても、次の小節ではナチュラルに戻る、というのが決まりなのですが、奏者の考え違いを防ぐために(親切で)ナチュラルを付けておく、というもの。初めて知りました。

2022/06/12

YouTube とギター

ポスト @ 21:56:34 | 音楽-

 夕食後のギター練習は、YouTube で昔の歌を聴きながら、それに合わせて弾いています。ちょっと振り返りばかりになっちゃうのが難点ですが、アコースティックギターだと、どうしても。

2022/06/08

カーペンターズ発見

ポスト @ 21:57:53 | 音楽-

 FM で「ディスカバー・カーペンターズ」が4月から放送されていることに気づきました。しまった。まぁまだ6月だから、そう思って1年間楽しみに聴いていきます。らじる・らじるの聞き逃しで。

2022/05/06

音量の小さな楽器

ポスト @ 21:01:45 | 音楽-

 坂本龍一さんの対談本『ピアノへの旅』を読む。ピアノよりも音量の小さなクラヴィコードという古い楽器への関心を語っていて面白かったです。考えてみればウクレレも音が小さい。そこがいいところなんだなあ、と再認識しました。親密な楽器です。

2022/05/05

「進め!しんじ君」ピアノ伴奏版

ポスト @ 21:10:21 | 音楽-

 「進め!しんじ君」のピアノ伴奏版を作りました。1.LALAL.AI というサイトを使って、CD音源から芹洋子さんの歌を伴奏から分離して取り出す。2.『みんなのうた』テキストなどに載っている若松正司さん編曲のピアノ伴奏を楽譜 Scanner というアプリで読み取って Logic にインポートし、読み取りの間違いを手で修正。3.芹洋子さんの歌を Logic に入れ、ピアノ伴奏と合うようにテンポの揺れを微調整。
 ずいぶんと時間がかかりましたが、歌:芹洋子さん、ピアノ:若松正司さんによる「進め!しんじ君」が完成しました。著作権などの問題がありそうなので、ひっそりと限定公開します。お聞きになりたい方は、ご連絡下さい。

2022/04/17

毎日ギター

ポスト @ 21:22:28 | 音楽-

 毎日夕食後は、ウクレレ、ピアノ、ギターを少しだけ弾いています。すっかり下手になってしまったギターは、握力が弱っているのか、簡単なコードも押さえられない始末。それでも毎日というのは、すごいもので、ほんの少しずつ弾けるようになってきています。楽器に限らず、何でも毎日がいいんでしょうね。

2022/04/05

エアロバイクでウクレレ

ポスト @ 21:45:09 | 音楽-

 iPad を見ながらエアロバイクを漕いでいたら、「一番に教えたい」という曲のコード進行が知りたくなって、YouTube で再生。ますますわかりたくなって、ウクレレも持ってきて、聞きながら、弾きながら、30分以上漕ぎました。これ、端から見たら、とんでもない人だよなあ。
 で、細かいところは、まだわかっていません。また、やらないとダメなのか。両手をハンドルから離してウクレレを抱えているから、エアロバイクから落ちないように気をつけないと。

2022/04/04

楽譜を送る

ポスト @ 21:09:11 | 音楽-

 昨日、日本童謡協会あてに新作「テレビでんわを してみたよ」の楽譜を郵送。PDFをメールに添付、が速くて簡単なのですが、紙版を投函、というのもリアル感があって、これはこれで味があるなあと思いました。これで秋の童謡祭に作品参加できます。ボツがないのは気持ちがいい。ただ参加料が高い・・。
 今回の楽譜は毎日のように少しずつ直したので、バージョン39まで行きました。2年前は、楽譜の正式な書き方も知らず、ピアノ伴奏を考えるのも初めてで、左手はベース音、右手はほぼコード(和音)を弾くだけでした。今回は、幼稚園児が歌いやすいように、左手でベースとコード、右手でメロディーを弾くように作曲しました。本で、簡単な対位法や和声を勉強したのも良かった。演奏してもらうのが楽しみです。

2022/03/26

楽典・楽譜の書き方

ポスト @ 21:04:37 | 音楽-

 楽典・楽譜の書き方の本を買いました。文庫本サイズでも詳しい。新作の楽譜を『新しい童謡集2022』に載せてもらうので、きちんとしないといけません。皆さん、プロの方なので。緊張感があって、勉強になります。ポコ・ア・ポコ、少しずつ。

2022/03/21

書くことは1つに決めること

ポスト @ 22:26:54 | 音楽-

 ずうっと新作童謡の楽譜、特にピアノ伴奏譜を手直ししています。何せ、締め切りまで時間がありますから(論文原稿もこうだったらいいのに)。書くということは、いろいろな可能性を考えた上で、1つに決めることですね。どう書いたら一番良いのか、これは迷います。だから作曲家によっては、何年版とか、いくつかのバージョンを作ってしまう人もいるんですね。もちろん僕は全然たいしたことないので、どれか1つに決めます。で、どうしようかな。

2022/03/17

こども学科図書

ポスト @ 21:33:49 | 音楽-

 新作童謡のピアノ伴奏でまだ悩み中。楽譜集を大型書店で買って参考にしようと考えて、待てよ、と思いつきました。大学の短大部に「こども学科」ができたんだっけな。もしや、と思って図書館の蔵書検索で「ピアノ伴奏」と入力。ありましたぁ、こども学科図書コーナーが。曲集が10冊くらいあったので、『保育のうた』などの3冊を借りてきました。ふむふむ、なるほど。

2022/03/13

ピアノ伴奏に悩む

ポスト @ 21:28:07 | 音楽-

 締め切りが4月11日なので、まだ新作童謡のピアノ伴奏に悩んでいます。毎日、弾いて考えて直していて、楽譜はバージョン26まで来ました。誰にでも弾けて音楽的にも豊かなものが理想(例えば、ぞうさん)、と KS 先生に伺ったので、時間のある限り追求したいのですが、何せ、ピアノの経験がわずかですから。もっと楽譜を見て、本も読んで、勉強しないと。

2022/03/12

みんなのうた60フィナーレ

ポスト @ 21:16:56 | 音楽-

 3月5日土曜と6日日曜に「みんなのうた60フィナーレ」が放送されました。僕はテレビを持っていないのですが、インターネットで見逃し配信を見せてもらうことができました。芹洋子さんが出演して「思い出のアルバム」を歌うと聞いていたので、もしかしたらと思っていたら、僕の「進め!しんじ君」もサビのところが放送されました。よかったあ。
 芹洋子さんは「みんなのうた」で10曲を歌っていて、60年間の最多登場歌手ランク7位でした。貢献できて良かったです。アニメーションの堀口忠彦さんは第4位。描いていただいて有り難い限りでした。
 この番組の中でも、スタジオの出演者が、「かわいい」と言いながら、ニコニコして見て聞いていました。うれしいです。
スクリーンショット 2022-03-14 17.41.12 copy.jpg

2022/02/27

ピアノ伴奏勉強中

ポスト @ 19:48:18 | 音楽-

 新しい童謡のメロディーは、ほぼ完成したので、ピアノ伴奏を考えています。自分で上手く弾けなくても、楽譜ソフトが演奏してくれるので良いのですが、弾きやすくて音楽的にも良い伴奏は難しいです。ただ、何せ、ピアノはバイエルが終わったかどうか、くらいなので、その点は実は童謡には向いているかもしれません。自分で弾けない、弾く気が起こらないようなピアノ譜にはならないですから。ただ、ピアノではどういう伴奏パターンがあるのか知らないので、『新しい童謡集』2010, 2021 を熟読して勉強中。

2022/02/20

休む週末

ポスト @ 21:38:06 | 日常,音楽-

 論文集の締め切り、一般入試、ワークショップと3週続いたので、久しぶりに休む週末。締め切りの黒い雲が遠くに見えるけれども、まだ近づくまでには時間がありそう。これは休まないと。
 昨年末のブラック・フライデーで買った総合音源 Kontakt 6 が使えてないことを思い出し、問い合わせ。「クロスグレード版は、アカウントに対象製品がないとアクティベートできないバージョンです。」あ、そうでした。踏み台と言われる他社の無料音源をダウンロードしたものの、登録してなかったんだ。で、できました。今の半額セールより安く買えて良かったです。

2022/02/17

童謡の音域

ポスト @ 21:22:02 | 音楽-

 童謡祭の作品を作曲中。子どもが歌えるような音域、という指定があるので、考えないといけません。で、子どもはどこからどこまで声が出るのか。日本童謡協会の『新しい童謡集』2010(NM 先生に送っていただきました)と 2021 を見てみると、大体はドから1オクターブ上のレまでのようです。その下のラから上のファという曲も見つけましたが、あまり好まれないのでしょう。
 ということで、下がりたいメロディーもがまんして下げず、上げたいところも・・と作っていくのは、なかなか大変です。そして、狭い音域でシンプルなリズムとなると、これまでの曲と似てくるという問題もありますね。ううむ。
 などなど考えながらも、HH さんの詩に、1週間くらいで、いちおう曲をつけることができました。4月初めが締め切りなので、ピアノ伴奏も含めて、ゆっくり直していきます。

2022/02/10

童謡の作曲

ポスト @ 21:44:19 | 音楽-

 日本童謡協会の作品募集が来たので、また作詩の HH さんにお願いして、曲をつけさせてもらうことにしました。まずは詩を読み込む。言葉のリズムとアクセントを確かめながら、浮かんでくるメロディーを頭の中で繰り返す。少しずつ、少しずつ。

2022/02/04

本で音楽を学ぶ

ポスト @ 21:15:46 | 音楽-

 オーケストラ・アレンジの本を少しずつ読んできて、もうすぐ読了。きちんとは読んでいないんで、もう一度機会を見つけて読もうと思いますが、シリーズ最後の和声学の本を注文。3冊でも6千円くらい。安く学べてありがたいです。

2022/01/30

作っていること

ポスト @ 21:02:31 | 音楽-

 論文などの締め切りがたくさん月末にあるので、作曲のコンテストは昨日送りました。気になって他に影響するし、まあ、できることはやった、というところまで行ったので。毎日聞きながら少しずつ修正してきたので、終わって寂しい。ボツでも何でも、作っていることが音楽なんだな。

2022/01/29

27インチモニターで楽譜

ポスト @ 7:53:23 | 音楽-

 応募する曲を作っていて、Logic Pro の楽譜モードで修正作業。トラックを26も作っちゃったので、MacBook Air に27インチモニターを接続してみました。おお、当たり前だけど、これは見やすい。たいした曲ではないんだけれど、何段ものスコア(総譜)を縦線が右に移動しながら、オーケストラの音を再生してくれると感動します。

2022/01/23

スコア付き演奏

ポスト @ 21:48:54 | 音楽-

 YouTube で、クラシック音楽のスコア付き演奏を視聴しています。総譜が画面に出て演奏が始まり、進むにつれてページがめくられていくので、とてもありがたい。欲を言えば、演奏している箇所に縦線が出て動いていけば最高なんですけど、さすがにそれは。例えば、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」。
https://youtu.be/yQNJvhdh-Y0
魔法の秘密がわかるようで面白いです。パートの受け渡しで波を左右に動かしているのかな、と思われるところ。
https://youtu.be/yQNJvhdh-Y0?t=288
他にもいろいろな曲があるので、楽しみにしています。

2022/01/22

オーケストラ作品

ポスト @ 22:04:25 | 音楽-

 コンテストの応募作品で、オーケストラの曲を作っています。何せ初めてなので、試行錯誤です。ただ、昨年、自作の「冬の風は床屋さん」で、ピアノ伴奏版の他に、室内楽アレンジもして練習したので、スコア(総譜)を書くのは2回目。欲張らず、楽器の数を少なくして、完成を目指します。

2022/01/14

iPad で楽譜書き

ポスト @ 21:20:43 | 音楽-

 iPad の GoodNotes 5 に五線紙を読み込んで、Apple Pencil で楽譜を書くようにしてみました。Finale などの楽譜ソフトだと4分音符や8分音符、休符などを切り替えて入力するのが面倒。この手書き方式なら、サラサラと書いて、間違ったら消して、と気持ちよくできます。ただ再生は、してくれない。手書き楽譜を認識して、音を鳴らしてくれるアプリがあれば。

2022/01/08

ドラムス入門

ポスト @ 22:12:25 | 音楽-

 昨年末のブラック・フライデーのセールで、EZ Drummer という、ドラムのソフト音源を買いました。ジャンルなどでパターンを選んでいけば、ドラムのトラックができるという簡単なものです。これまでは Logic Pro X の Drummer を使ってきたのですが、もうちょっとなんとかできるかもと思ったわけです。こちらは、ドラムのセットがイラストで表示されるので、直感的でわかりやすいです。とにかくドラムはたたいたことがほとんどないから、まずはこれで入門します。

2022/01/05

対位法入門

ポスト @ 21:19:46 | 音楽-

 昨年の暮れから『やさしく学べるポピュラー対位法』という本を買って読んでいます。簡単な編曲ができるようになりたいのです。説明を読んで練習課題を作っていく形式。早く全体を知りたいので、課題の譜面を見ても、ピアノを弾かず、楽譜も書かないで頭の中だけで適当に作っているので、全然ダメかもしれません。まあ、ともかく少しでも。

2021/12/19

高校時代の作曲

ポスト @ 21:54:45 | 音楽-

 高校時代に作った曲を思い出して、せっかくだから録音しておこうと。中学からの友人 YM さんの「祖母へ」という詞に曲を付けたものです。お元気でしょうか。数十年前に歌っていた歌詞を思い出すことができて、自分でもびっくりしました。当時のバンドの MH さんに電話して、ギターを弾いてもらうことにしました。

2021/12/14

C が押さえられない

ポスト @ 21:00:00 | 音楽-

 毎日夕食後に、ウクレレ、ピアノ、ギターと少しずつ弾いて練習しています。ところがギターで C のコードがきちんと押さえられなくて愕然。人差し指が1弦に触れてしまって音が出ない。こんな基本ができなくなっているとは。指が柔らかくなっちゃったんでしょうね。

2021/12/09

ウクレレ録画

ポスト @ 21:21:01 | 音楽-

 このところ毎日、夕食後にウクレレで「A列車で行こう」Take the A Train を弾いて録画しています。必ずどこかで間違えるので、完成しません。いつかできると信じています。できるかな。

2021/12/03

先生と言われること

ポスト @ 21:34:20 | 音楽-

 先日、東京の日本童謡協会に電話で問い合わせをしました。事務の方と著作権関係のお話をしたのですが、そういう文脈で「時崎先生」と言われて、ドキッとしました。なにせ、大したことないですから。気恥ずかしくも、ちょっとうれしい。ただ、本職が教員なので、先生と呼ばれることに慣れてしまっていますね。いけません。

2021/11/29

歌と伴奏を分離

ポスト @ 21:05:27 | 音楽-

 8月の童謡祭で歌っていただいた自作の「冬の風は床屋さん」は、きれいにライブ録音されていました。ただ、わずかな箇所で歌とピアノのピッチとリズムが少しだけずれている気がしたので、修正したくなりました。そのためには、まず歌とピアノの波形を分離しなければなりませんが、今はこれを自動でやってくれるサイトがあるんです。LALAL.AI という所に行って、音源をアップして歌だけ、そしてピアノだけを取り出す。残響が残るものの、ほとんど完全にできて、びっくり。ダウンロードした歌とピアノを Logic Pro に読み込んで、ピッチとリズムを微調整して完成。おおお。

2021/11/10

デモ・テープ

ポスト @ 10:55:54 | 音楽-

 文化の日にFMで放送された「今日は1日松田聖子三昧」。8時間半の番組の最後の30分ほどしか聴かなかったのですが、そこで、その前に作・編曲家の大村雅朗さんが作った「ガラスの林檎」と SWEET MEMORIES のデモ・テープが放送されたと聴いて愕然。聞き逃したあ。悔やんでも悔やみきれない。
 と思っていたら、らじるらじるの聞き逃しサービスで1週間聴けることが判明。うおお。で、聴きました、頭から 8 時間半。第1部の270分あたりから290分あたりで、2曲のデモ・テープと、遺作と言ってもいい「櫻の園」が流れます。松本隆さんが、これを世に出さなかったら僕の生きている意味がない、と思って作詞したという言葉、レコーディングの話、何よりも曲の素晴らしさ。
 あ、聞き逃しサービスは今日 11/10 水曜午後 6:50 配信終了だ。多くの人に聴いてもらいたいのに。

2021/11/09

童謡祭 CD

ポスト @ 21:49:34 | 音楽-

 11/5 金曜に、8月に東京で行われた童謡祭の録音 CD が届きました。日本童謡協会の会員になって初の参加。デビューとも言えます。HH さんの詩に僕が作曲した「冬の風は床屋さん」が歌とピアノで入っています。たくさんの人に聴いてもらいたいけれど、どうしたらいいのかな。

2021/11/06

作編曲家

ポスト @ 21:49:58 | 音楽-

 土曜日。やるべき仕事はいっぱいあるけれど、久しぶりに休むことにしました。で、これも、やりかけ、「進め!しんじ君」のピアノ伴奏譜を Logic Pro に取り込んで、演奏させるという計画。久しぶりに取り組んで、譜面を iPad の譜面スキャナーで Midi ファイルにして Logic にインポートしたものの、読み取りミスがいっぱい。仕方がないので、スキャナーから Music XML ファイルにして、楽譜ソフト Finale にインポートしました。譜面を時間をかけて修正して Logic へ。まだミスがあったのを直して、夕方に完成。1日がかりでした。
 ピアノ譜のアレンジは、テレビやCDのオーケストラ版と同じく、作編曲家の若松正司(まさし)さん。日本童謡協会の理事もされていたそうですが、お会いできず、残念でした。若松さんのウィキペディアに、編曲作品として「進め!しんじ君」が載っていて、うれしかったです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/若松正司#編曲

2021/10/25

ナット・キング・コールの日本語

ポスト @ 21:56:16 | 音楽-

 FM「世界の快適音楽」で聴いた、ナット・キング・コールの L-O-V-E ラヴ、日本語版。圧倒的に幸せな気持ちになりました。YouTube でも聴けるのですが、CD を探して注文しました。
https://www.youtube.com/watch?v=vQW6EzBZ5Vg
t の発音が、いかにも英語で、歯茎に舌がついているので、発音の講義で取り上げたいと思います。L と書いたら、ルック・アット・ミー。最高。

2021/10/24

ピアニストの気持ち

ポスト @ 21:53:11 | 音楽-

 ショパン・コンクールを同時に見てきて、ピアニストの方達の真剣な気持ちが伝わりました。雲泥の差の僕でも、鍵盤に向かう姿勢が少し良くなったような。良いものを見る、聴くことは大事なんだな。

2021/10/22

コンクール

ポスト @ 21:19:08 | 音楽-

 セミ・ファイナルからショパン・コンクールを YouTube で見ていました。同時中継だと、そこで集中して弾いているピアニストの方に感情移入して、もうドキドキして、大変でした。素晴らしい音楽を、ポーランドのホールにいるような気分で聴くことができて、よかったです。現代のデジタル技術に感謝。

2021/10/19

実態調査

ポスト @ 21:42:57 | 音楽-

 童謡協会経由で、音楽作家向け実態調査というアンケート用紙が送られてきました。契約や感染症での収入減などについてです。項目からだけでも、不安定で大変な状況が伝わってきます。システム全体が良くならないと、作家はつらいですね。

2021/10/16

440ヘルツ

ポスト @ 21:11:44 | 音楽-

 ウクレレ用のクリップ・チューナーが1つ壊れたので、また新しく買いました。大きくて見やすくて良いので、ギターのチューニングにも使っています。ところが、何日かして、あれ、なんか変だな、昨日合わせたはずなのに、もうずいぶんと下がっている。ギターってこんなに下がったっけ。
 で、気づきました。このチューナーは電源と楽器種別切り替え兼用ボタンの下に、基準の音高(ピッチ)を1ヘルツ単位で高くするボタンがついていたのでした。ラは基本 440 ヘルツなのに、気づかずにどんどん押していたようで450 ヘルツとかになっていました。それじゃあ、緩んでいなくても毎日下がってるって表示されるよなあ。
 ということで、このチューナーはライブ演奏であわてて使うと、他の人と大ズレということになるかも。注意が必要です。

2021/10/15

ストリート・ピアノの夢

ポスト @ 21:04:55 | 音楽-

 昨年の春から、ほぼ毎日、夕食後にピアノを練習しています。夢は、世界のどこかの街の、通りに置いてあるピアノで「ル・ローヌ」を弾くことです。上手く弾けてアンコールの拍手をもらっても、何せ、それしか弾けないので、いやあ、どうも、と立ち去る。悪くないでしょう。かなう日まで練習を続けます。

2021/10/14

拍は心理的実在

ポスト @ 21:17:22 | 音楽-,研究活動

 大きくて分厚い旋律法の本を読み終わりました。音楽の勉強になった上、言語との類似も感じました。拍(ビート)のところで、連続する音の最初を強い拍と感じるのは、心理的なものであって、実際に強い必要はない、との記述。うおお。言語で強勢のある音節を計測しても実際に強いという数字が出ない、ということがあると思います。それでも強く感じるというのが言語と音楽で共通するのでは、と考えました。いかがでしょうか。

2021/10/10

ラジオ体操ピアニスト

ポスト @ 21:40:11 | 音楽-

 ずっと続けているラジオ体操。先日、第1と第2の間、首の運動のところで、聞き慣れないピアノ伴奏。これは、いつもアドリブっぽく弾いている YK さんか? いや、なんか違うような。でも SH さんはいつも決まった自作曲だし、TN さんの新作にしては雰囲気が違う。いや、まさか4人目の新人採用だったりして。
 そう思って体操を続けたところ、番組終わりに、「ピアノは今日から新しく加わった SH でした」という HT さんの紹介が。うおお、当たったー。周囲を気にして小さい音でならしているラジオでも聞き取れたことに、よくわからない音楽的自信を持ちました。
 で、今日も書き終えたと思ったら、とんでもない強者の聞き手を発見。これはすごい。恐れ入りました。
https://undecided-blog.com/radio-exercise-pianist/

2021/09/20

ギターのタブ譜

ポスト @ 21:49:33 | 音楽-

 スカボロー・フェアの数十年前の楽譜を iPad で写真に撮り、「楽譜スキャナー」というアプリで読み取って MusicXML に変換。Finale にインポートして、シャープが落ちたり、7フレットにカポなのでキーが違ったりしているのを修正して、音符からギターのタブ譜を作ることができました。時間はかかったけれど、それもまた楽し。
 中学生の時に諦めた曲が、少し弾けるようになりました。テクノロジーのおかげ。いや、気持ちを持ち続けられていたことも大きいかな。毎日音楽、毎日練習。

2021/09/13

古い楽譜集

ポスト @ 21:20:02 | 音楽-

 YouTube に「アコースティックギター入門」という古い番組がアップされていて、エアロバイクを漕ぎながら見ています。「スカボロー・フェア」の回は印象深く、まねをすれば少し弾けるかも、とギターで練習を始めました。今はネット上にタブ譜がアップされていて参考になります。でも、ちょっと違うんじゃないかなと思ったり。お、そうだ、中学生くらいの時に『サイモンとガーファンクル・グレーテスト・ヒット』という楽譜集を持っていたっけ。もう、なくなってるだろうなあ、と本棚を探すと、何と、ありましたぁ。あのころは難しすぎて、諦めたんだけれど、今なら、少しずつ毎日弾いていけば、1年くらいでなんとかなる、というのがわかってきたので、やってみることにします。
 それにしても、1970年代の千葉の実家で見ていた楽譜集が、遙かな時空を越えて、今ここにあることに不思議な感慨を覚えます。「弾けないなあ」と思っていた自分に会って「時間をかければ、いいんだよ」と励ますような感覚です。

2021/09/01

無料オーケストラ音源

ポスト @ 21:50:57 | 音楽-

 Spitfire 社の オーケストラ音源 BBC Symphony Orchestra Discover。すぐ買うと 49ドル、5,000円くらいなのですが、アンケートに答えると2週間後に無料でダウンロードできるのでした。 僕もそうして入手しました。たくさんの楽器が入っていて、MacBook の Logic に打ち込むと、コンサートホールでの響きがします。有料の上位版に誘導しようという狙いなのでしょうが、これだけでも今は十分以上です。動画で見本もアップしていて、お気に入りは、モリコーネの「ガブリエルのオーボエ」です。

これをまねして打ち込んでいます。最初だけですが、その音がして感激。

2021/08/31

旋律と言葉

ポスト @ 20:59:51 | 音楽-,言語

 『ポピュラー音楽作曲のための旋律法』という本を買って読んでいます。最初のところで、メロディーは、五線譜のように左から右に一目で把握されるものではなく、時間を追って1音ずつが順番に聞こえるのであり、次にどういう音が来るかは、聞くまでわからないのだ、ということが書かれていました。ああ、これは、まさに僕が先週の講演で言語について話したのと同じこと。言葉も書いてしまえば、左右に一覧できるけれど、音声では次にどういう言葉が来て、どういう構造になるかは、時間順にしか、わからないのです。それをわかりやすくするために、人は・・というのが話のポイントでした。また、機会があれば書きたいと思います。

2021/08/13

集中から放心

ポスト @ 21:40:35 | 音楽-

 作曲募集の締め切り日。熱暴走の対処もわかって、細かいところをひたすら修正して、午後に完成。と決めた、というべきでしょうね。キリがないですから。
 録音ファイルをメール添付で送信したら、放心状態になりました。この数日、朝から(下手すると朝食前から)晩まで、この音楽制作だけをやっていましたから。あ、終わっちゃったんだ、もっとやっていたかったな、楽しかったのに、という気持ち。これから、どうしたらいいんだろう。
 答えは簡単で、研究ですね。やることがたくさん、次々に迫ってきます。ということで、夏休みは5日ほどで終了しました。

2021/08/11

和音好き

ポスト @ 21:28:33 | 音楽-

 和音が大好きです。ドミソみたいなシンプルなものから、ちょっと音を変えたり足したりすると、まるっきり違う印象のものになる不思議。ギターを弾き始めた中学の頃から、メジャーセブンス、ディミニッシュ、オーグメント、・・と心引かれてきました。そして和音の進行。この和音から、次のこの和音に移るのがたまらない、という心の動きは本当に不思議です。ピアノを少しだけ弾けるようになって、複雑な和音も考えやすくなったので、世界が広がりました。今回の曲も、良いコード進行を、と思っています。

2021/08/10

夏休み宣言

ポスト @ 21:22:54 | 音楽-

 これから仕事がたくさんあるのがわかったので、この数日は、はっきり夏休みにすることに。金曜締め切りの作曲募集があるので、それに専念。何もないところから、イメージを作っていくのは面白いです。今回もテーマがあるので、それをよく読んで、4日間で完成を目指します。できるかは不明。

2021/07/25

演歌ネット配信

ポスト @ 21:50:29 | 音楽-

 「ハマナス恋便り」のネット配信をTuneCore Japan に依頼しました。明日には「Apple Music, Spotify, YouTube Music など世界185ヵ国以上で」(宣伝文句)聞けるようになるはずです。でも演歌ですからね。3年契約で配信料(4,000円くらい)の元が取れるのか。それでも聞いてもらえる可能性が出てくるというのは、この時代ならでは。

2021/07/24

ハマナス恋便り

ポスト @ 22:16:35 | 音楽-

 実は、この半年ほど、5年前に作った演歌をリメイクしていました。メロディーと伴奏は同じですが、 HH さんに新しい歌詞を書いてもらい、歌も関西在住の葵 金珠(あおい きんぎょく)さんに依頼してもらいました。ミキシングは編曲の NK さん。写真もカメラマンに依頼して、動画を僕が Final Cut Pro X で作りました。YouTube にアップしましたので、ご覧下さい。Rose Hipper Sounds レーベル第1弾、「ハマナス恋便り」です。

2021/07/15

楽譜集

ポスト @ 21:08:51 | 音楽-

 日本童謡協会から『新しい童謡集』が届きました。8月の童謡祭で発表される歌の楽譜です。HH さんと僕の「冬の風は床屋さん」も掲載していただきました。自分の曲が曲集に入るのって、「進め!しんじ君」以来なので、ありがたいです。もっと楽譜の形にしておきたいな。

2021/07/11

自主レーベル

ポスト @ 21:38:25 | 音楽-

 音楽制作で、HHさん、NKさんと自主レーベルを作ることになりました。とんでもないことのようですが、お金もかからず、ただ宣言するだけ、ということなので。危険性がない限り、何でもやってみます。

2021/07/05

ダイジェスト版

ポスト @ 21:39:08 | 音楽-

 「進め!しんじ君」は、毎回同じで2曲目として2番だけが放送されているようです。ちょっと残念。七月後半は、3曲目として2コーラス、フルにかかったりしないかな。いや、ぜいたくは言わないでおきます。ありがたいことで。

2021/07/02

ピアノ練習1年

ポスト @ 21:39:23 | 音楽-

 服部克久さんが亡くなられた直後から、「ル・ローヌ」を毎日夕食後に1回弾いてきました。最初は全然ダメで、無理だなと思っていましたが、だんだんと弾けるようになってきました。旅もないので、本当に1年間、毎日練習。成果は出るんだな。

2021/07/01

みんなのうた 60

ポスト @ 21:50:37 | 音楽-

 60周年ということで「みんなのうた 60」として、スペシャル番組が再放送 B 枠で放送中。年代別に「ダイジェスト(2曲〜3曲)」+「1曲まるごと」で5分間。僕の「進め!しんじ君」も、めでたく7月いっぱい放送。今日、初回を見たところ、2曲目にダイジェストとして2番からが放送されました。予定は次ですので、どこかでご覧下さい。
総合テレビ
午前10:50〜10:55 土曜日
Eテレ
午前 8:55〜 9:00 月曜日
午後 0:55〜 1:00 火曜日
午後 4:00〜 4:05 木曜日

2021/06/25

君といっしょだから 公開

ポスト @ 21:27:21 | 音楽-

 かぶらの里童謡祭は、今年も中止。気持ちが冷めないうちに、自分でも歌って録音しておこうと思い、動画も作ることにしました。問題はピアノ。RS さんが編曲してくれたピアノ伴奏は、全く弾けないわけではないけれど、間違えずに1曲通すことは不可能。そこで、楽譜を Finale に打ち込んで MIDI ファイルを作り、Logic Pro に入れて MacBook に弾いてもらいました。せっかくなので、僕がピアノを弾いているような感じで撮影して合成。嘘をつくのは嫌なので、ここに書いておきます。でも、いちおう弾こうとしていてるんですよ、大きく間違ってばかりですが。
https://youtu.be/9RLqV1T5oXY

2021/06/14

ああせいこうせい

ポスト @ 21:45:23 | 音楽-

 小林亜星さんが亡くなられた。童謡協会の名簿でお名前を拝見し、ずいぶんとお年になられたはずだし、と思っていたところでした。最近は、作曲を続けていて、どこに出すあてもないから歌って、と周りの人に曲をあげておられた、という記事も読んでいました。
  何十年も前のこと。自作の「進め!しんじ君」で NHK「あなたのメロディー」の年間コンテストで特別賞(作曲賞)をいただいて、終了して NHK ホールのステージ袖に下がったところ、審査員の亜星さんも戻っていらした。すかさず、「(ご著書の)『ああせいこうせい』読みました」と言ったところ、「ああ」みたいな照れたお返事。「ちっちゃなちっちゃな、がいいメロディーだったね」とほめてくださった。握手してください、に「おめでとう」と。感激でした。
 シンプルで心をつかむメロディーは、亜星さんの真骨頂だったし、僕もそんなふうに、と憧れていました。ありがとうございました。

2021/06/13

「小海線」チャートイン

ポスト @ 21:13:57 | 音楽-

 配信をお願いしている tuneCORE JAPAN の自分のページを見ていたら、作曲・演奏した「小海線」が 、TOP 50 チャートイン iTunes Store トラディショナル・フォーク トップソング 日本 49位 2020年7月27日 と表示されているのに気づきました。何じゃ、そりゃ。ジャンルがマイナーなので、チャートインしたんでしょうかね。ともかく、めでたい。たぶん。
小海線チャートイン.jpg

2021/06/11

プロレス・ソング

ポスト @ 21:08:09 | 音楽-

 つい先日、地方プロレス団体がテーマソングを募集していることを知り、あわてて作曲しました。時間がない中で、ともかくイントロ、1番、2番と作って、録音して編集して。今日が締め切りなので、ともかく間に合わせます。プロレスですからね。うおお。

2021/06/06

Once Again 動画公開

ポスト @ 21:39:09 | 音楽-

 最高気温が先週木曜 6/3 に 25 度を超えたようで、札幌も夏日になりました。今日も。実は、だいぶ前に録音・録画した曲 Once Again を YouTube にアップしたのですが、ちょっと自分で恥ずかしくなり、ここには書いていませんでした。まあ、もうどうでもいいので公開します。つらいこと、いやなこと、困ること、いろいろあるでしょうが、見て聞いていただいて、気持ちを明るくしていただけたら。ちょっと、すごいので、ビックリしないでください。グリーン・バックで作っています。
https://youtu.be/TjL0sHP5nPE

2021/05/26

ギター弦張り替え

ポスト @ 21:28:48 | 音楽-

 先日、ギターの弦を張り替えました。前回は、ええと、そうだ、津田工房さんに修理をしてもらった時に、ついでに張り替えてもらったんだった。ということは、と、このブログを検索すると、2015年1月、もう6年前でした。これは、あんまりです。今回は、表面コーティングしてあって長持ちという Elixir エリクサーのエクストラライト弦を通販で買いました。それでも指が痛い。

2021/05/24

アルバム・リリース

ポスト @ 21:18:54 | 音楽-

 NK さんにお願いして、これまで録音してきた自作曲を、音量をそろえてもらって、ad hoc のアルバムとして公開しました。Eight songs for you「あなたへの8つの歌」というタイトルです。tuneCORE を仲介して、Apple, Amazon, Spotify など、世界の音楽サービスで配信中です。
スクリーンショット 2021-05-28 9.48.23.jpg
YouTube Music も入っているので、これ無料で全部聞けるんでしょうか?試してみてください。
https://music.youtube.com/playlist?list=OLAK5uy_kTls3qofKSqVrZ0UPIs9AGC9_qoNzJyZc
うまく表示されない場合は、お手数でも、虫眼鏡マークの検索から「あなたへの8つの歌」を検索して、下の方のアルバムをクリックしてください。
ダウンロード販売もよろしければ、お願いします。例えば、Amazon だと、
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B095MYP8R6/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B095MYP8R6&linkCode=as2&tag=tcjaz-22
600円ほどですが、まあご祝儀だと思っていただいて。

2021/05/21

しんじ君放送2021

ポスト @ 21:59:57 | 音楽-

 「進め!しんじ君」が、また放送されるようです。再放送B枠ということで7月の毎週 NHK です。
総合テレビ
午前10:50〜10:55 土曜日
Eテレ
午前 8:55〜 9:00 月曜日
午後 0:55〜 1:00 火曜日
午後 4:00〜 4:05 木曜日
たぶん、これで合っていると思うんだけど。昨年2020に続き、再々々放送かな。今年は1ヶ月間毎週だし、ありがとうございます。
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000008459062021.html

2021/05/19

ウクレレ・ドナウ 2021

ポスト @ 21:25:27 | 音楽-

 昨年末から6ヶ月、毎日欠かさず練習・録画してきた「美しく青きドナウ」をついに終了することにしました。演奏に11分はかかるので、 必ずどこかで間違えてしまいます。 公開用にベストを選んだのですが、数カ所ミスがあります。しかし、もう仕方ない。今年度はここで終了。2018年版は、細かく8部くらいに分けて、録画をつぎはぎしたのですが、今回は一発撮りです。だいぶ進歩したとも言えるかな。来年はノーミス、いや、より少ないミスを目指します。
https://youtu.be/ZDwcufJzTzI

2021/05/16

演歌制作再び

ポスト @ 21:59:30 | 音楽-

 作詞の HH さんから、KA さんにお願いして歌い直してもらった音声ファイルが届きました。とても良い感じ。せっかくなので、ピッチ(音程)を微調整してみようかと思います。味消しになっては、いけないし、聞いていて気持ちの良いところを探る作業です。MacBook Air の Logic で細かくやっています。

2021/05/03

タブ譜を書く

ポスト @ 21:27:56 | 音楽-

 これまでずっと手書きに書きためてきたウクレレのアレンジ譜をフィナーレでダブ譜にすることにしました。何とか曲を書きためていって、楽譜集として出版できたらと思うからです。もちろんコピーやPDFの形で公開することもできるのですが、やはり本の形にしておきたいのです。ただフィナーレのタブ譜作りが難しくて、いちいち調べながらの作業です。 肩も凝るけど、楽しみと思って、少しずつやるしかないな。

2021/04/27

ギターを弾くための指

ポスト @ 22:00:10 | 音楽-

 またギターを録音するつもりで、練習を始めました。アコースティック・ギターは左手の指を鍛えて固くしないと、スチール弦が固くて指が痛くて、上手く押さえられないので。これ時間がかかりますよね。毎日少しずつ。

2021/04/24

MacBook Air で作曲

ポスト @ 21:26:32 | 音楽-

 楽譜ソフトの会社からメールで、プロの活用事例がときどき送られてきます。作曲家のみなさんは、大きな机にこれまた大きなキーボード、パソコン、モニター、スピーカー。環境が違いすぎるなと思っていました。ところが今回の若い TF さんは、MacBook Air に AKAI のミニ鍵盤をつないで楽譜を書いていらっしゃる。僕とほとんど同じで、すごい親近感。これでも、できるんだ。もちろん技量は雲泥の差ですが。

2021/04/23

楽譜読み取り

ポスト @ 21:38:31 | 音楽-

 楽譜の校正のため、下手なピアノを弾いて、音を確かめました。合っているみたい。実は先日、楽譜読み取りソフト「スコア・・」のお試し版を使ってみたのですが、ウィンドウズ専用なので、Parallels Desktop を経由したのが悪かったのでしょうか、「五線が認識できません」という表示。そこで、もうダメなのかい、とガックリきていました。
 ウーンと、再度調べてみると、「楽譜スキャナー - Sheet Music Scanner」という 490 円のアプリを発見。iPad で楽譜を撮影して、読み取り。再生すると、うおお、歌とピアノの両手が正しく演奏される。音符の長さも、調号と臨時記号のフラットやナチュラルも正確。MIDI に変換できるので、Logic に読み込んで、楽器を換えて、調整すれば、良い音楽が出来上がります。反復記号と3連符などが読み取れないという弱点はあるものの、この値段なら。
 で、楽譜合ってました。校正終了。オーケーと出版社さんに連絡。

2021/04/22

牧場を渡る鐘

ポスト @ 21:49:54 | 音楽-

 「世界の快適音楽」で、ケテルビー作曲の「牧場を渡る鐘」という曲を聴いて、引き込まれました。小学校でよく聴いた「ペルシャの市場にて」の作曲家で、商業的にも成功したそうな。この曲で、音階が下がっていくの山の3つめ、6度セブンスの小節の2拍目が良い和音になって泣けてきます。頭から離れない。
https://www.youtube.com/watch?v=GumDcCX-eao

2021/04/21

楽譜の校正

ポスト @ 21:16:09 | 音楽-

 見覚えのないカタカナの名前の会社からの封書。ソフトウェアのダイレクトメールかな、と思って開くと、音楽出版社からで、今年夏の童謡祭の楽譜集を出すので校正を、ということでした。HH さん作詩で僕が作曲した「冬の風は床屋さん」のきれいな楽譜。じわっとうれしい。論文や本の校正は、ずいぶんとやってきたけれど、楽譜は初めてです。思えば「進め!しんじ君」の時だって、僕には回ってこなかったし。何か新しいことができたようで、いい気分。でも、歌とピアノ伴奏の音符が合っているのか、きちんと弾いて確かめないとわかりません。ううむ。

2021/04/18

楽譜完成

ポスト @ 21:36:28 | 音楽-

 ということで昨日一日取り組んで終わらなかった楽譜ですが、 今日はついに3ページ完成しました。よかった。MIDI ファイルで書き出して、Logic に読み込んで、 グランドピアノの音で再生すると結構いい感じ。後は歌とギターを練習して録音です。

2021/04/17

楽譜の模写

ポスト @ 21:23:08 | 音楽-

 2年前の、かぶらの里童謡祭で賞をいただいた曲、「君といっしょだから」 を自分でも歌って 録音しようと思い立ちました。 ピアノ伴奏を自分で間違えずに弾ければ良いのだけれど、無理なので、まずは Mac の Finale で楽譜を書いて、 それを MIDI ファイルにして Logic Pro に 読み込んで、ピアノの音で演奏させようという計画。S さんが、おそらく同じ Finale で書いてくださったピアノ伴奏付の譜面を Mac で書き始めました。 いろいろな音楽記号や特殊な記号がたくさんあって、 いちいち書き方を調べるので大変です。 それでも一つ一つが楽譜、そして音楽の勉強になる気がします。きちんとした音楽教育を受けてこなかったけれど、 これからでも少しずつ勉強していきたいと思います。

2021/04/03

ビートルズ再発見

ポスト @ 22:03:56 | 音楽-

 「ディスカバー・ビートルズ」という1年間の FM 番組が終わってしまいました。最初期から最後までを毎週1時間、聞き続けて面白かったなあ。杉真理さんの解説が詳しくて素晴らしかった。ありがとうございました。

2021/04/02

年度をまたいで

ポスト @ 21:59:35 | 音楽-

 夕食後は「美しき青きドナウ」をウクレレ演奏・録画。昨年末から、ほぼ毎日続けていて、ついに年度をまたいでしまった。10分以上かかるし、転調ばかりで、途中で必ず間違っちゃう。今年末までに完成できるか?気は長いです。

2021/03/28

Once Again 2021

ポスト @ 10:52:43 | 音楽-

 何年かぶりのニュー・シングル Once Again(ワンス・アゲイン)が公開に。作曲とオリジナル録音は 1986 年なので 35年ぶりの新録音。この曲を気にいって下さった方々に、お礼の気持ちをこめて、ご報告いたします。
 配信ストアの一覧はこちら。
https://www.tunecore.co.jp/store
 ダウンロードは 153円(アメリカ・カナダ・ヨーロッパ 69セント、など)。本人には 89 円(39 セント)戻ります。ストリーミング再生だと1回1円くらい。収益は望むべくもなく、ご協力をお願いするような感じですね。
 ダウンロード・ストアでは、試聴ができるので、一部ですが聞いていただければと思います。それぞれ、かかるところが違うので、聞き比べていただければ。
レコチョク
Amazon music
once-again-1.jpg

2021/03/27

音楽配信申込み

ポスト @ 21:00:05 | 音楽-

 音楽配信を仲介してくれる tuneCORE JAPAN に、新しく録音した曲を申し込みました。1年契約で 1,550 円。Apple, Amazon, レコチョクをはじめ、世界配信なので、安いと言えるかも。でも実際には注目されないし、売れないしで、大赤字です。ともかく、自分の音楽を聴いてもらえる、すごい時代になったなあ。明日、配信開始予定。

2021/03/21

35年後の録音

ポスト @ 21:59:55 | 音楽-

 1986年頃に作った Once Again という曲を、NK さんにお願いしてオケを作ってもらいました。自分で歌とコーラス(上下二声)を録音して、また編集をお願いして、ついに完成。
 当時の録音も一応残っているのですが、マルチトラック・カセット・レコーダーみたいなので編集したカセットテープなので、回転数がおかしくなってピッチがずれているのを、デジタル化しただけなのでした。今さら、という気もありましたが、技術の発達した35年後に良い形に出来て、うれしいです。近日公開予定。

2021/03/07

たんぽぽの丘

ポスト @ 21:23:28 | 音楽-

 中学に入ってフォークソングに出会い、ギターを買って歌を作り始めました。2年生の終わり頃に2曲目として作った「たんぽぽの丘」を録音してみました。何十年も経ったのだけれど、イメージは変わらず、ギターの弾き方も全く同じです。そこに戻ることは出来ないけれど、その時の気持ちを少しだけ思い出しました。
https://youtu.be/385GMBGDOAU

2021/03/03

協会の役員

ポスト @ 21:40:10 | 音楽-

 「うれしいひなまつり」の、金の屏風に・・というところがいいなと思って、作詞者を調べると、サトウハチローと山野三郎の2つがあることに気づきました。どういうこと?さらに調べると、サトウハチローはたくさんの別名を使っていたそうな。なんでかな。
 ハチローさんは日本童謡協会の初代会長で題字も書いておられたなあ、と考えて、思い出しました。先月だかに協会の役員選挙があって、新入会員の僕にも投票用紙が送られてきました。目を引いたのは、選挙管理委員長の名前が「ねこたぬき」と書かれていたこと(実際は別の動物2つですが、ご迷惑がかかるといけないので変えています)。もちろん作詩家のペンネームなのですが、さすがは童謡協会ですね。ニャーとかポンポコとか言いながら、開票している様子を想像しました。

2021/02/20

中2半音問題

ポスト @ 21:28:06 | 音楽-

 ふと、中学2年の時に作った歌を思い出しました。たぶん生まれて初めて作った曲の次、2曲目で、音楽雑誌 Guts の投稿欄に送ったら、Cランクに名前が載って、うれしかったのでした。その時悩んだのは、ハ長調にすると、ミシラーかそれともミドラーかというところ(ミよりシラは高い音)。どっちもありなんだろうけど、どっちがより良いか。ずいぶん悩んで結局ミシラーにしたのでした。で、何十年も経って、今また思い出すと、やっぱり悩む。シとドは半音違いだけど、どっちがいいんだろう。問題は解決していませんでした。

2021/01/19

ウクレレ・ドナウ再び

ポスト @ 21:26:58 | 音楽-

 夕食後は、まずウクレレを弾きます。消化も良くなるんじゃないかしら。年末からは、ヨハン・シュトラウスの「美しき青きドナウ」を練習しています。ウィーンフィルのニューイヤーコンサートでおなじみですが、これも今年は無観客だったようですね。エアロバイクを漕ぎながら YouTube で少しずつ見ています。再度挑戦するからには、目標は、ノンストップ演奏録画、つなぎ合わせ編集無し、です。12分くらいかかる長い曲で、どんどん転調していくから大変。1月末までに出来ないかな。
 2年前の継ぎ接ぎ録画はこちらです。これでも大変だった。
https://youtu.be/YBpUhAR4898

2021/01/15

「運命」と一手損角換わり

ポスト @ 21:07:39 | 将棋,音楽-

 将棋の佐藤天彦九段のインタビュー記事。音楽理論も勉強しているとのことで、面白い。ベートーベンの「運命」の出だしは、ジャジャジャジャーンと言われているけれど、実は小節の頭に休符があるので、(ン)ジャジャジャジャーン。それは音楽的には定跡外れで損をしているが、それが魅力になっている。これは現代将棋の一手損角換わり戦法も同じ、という分析です。そして、AI が損だとして選ばない手に可能性があると思うので、それを追求したい、と。うなりました。
https://hochi.news/articles/20210113-OHT1T50173.html

2021/01/03

年始も演歌

ポスト @ 21:26:08 | 音楽-

 年末に続き、年始も演歌制作。楽譜を直して(自分で歌ってみたら休符が短くて息が苦しかった)、コーラスを無料ボカロ(きりたん)で作って、ミックスして、などなど。年末は演歌もいいけど、新年はちょっとどうかな。ともかく、マークシートやら音楽やらで、ずっと MacBook Pro に向かっています。「写真」のアップデートもまだ終わりません。5日は経ってるぞ。

2020/12/27

勉強すること

ポスト @ 21:25:53 | 音楽-

 今年から楽譜を Finale(フィナーレ)で書くようにしました。これまで使ってきた(TT先生に教えてもらった)MuseScore(ミューズスコア)も良かったんだけれど、より本格的なソフトウェアで、と考えたのです。おかげで、いろいろな楽譜が書けるようになったのだけれど、その分、多機能で複雑なため、調べること、覚えることがたくさん。いや、いくつになっても勉強することがあるのは良い、そう思って頑張ります。

2020/12/26

年の瀬は演歌

ポスト @ 21:27:58 | 音楽-

 年も押し詰まり、やっておきたいことを。4年前に作ってボツになった曲に、新しい歌詞を付けてもらおうと HH さんにお願いしました。そうすれば公表できる。(当時、そうアドバイスをくれた HN さんに感謝申し上げます。)やっぱり演歌は年の瀬ですよね。

2020/12/25

いただいた言葉

ポスト @ 21:00:09 | 音楽-

 なかにし礼さんが亡くなられた。1984年、NHKの「あなたのメロディー」の月間コンテスト。審査員でいらしたスタジオで、お見かけはしたのだけれど、お話は出来なかった。6/4 の初回に、ありがたい言葉をいただいたので、思い切って伺えば良かったのに。お手紙を出そうと思ったこともあったけれど、これも実現できなかった。残念無念。それでも、いただいた言葉を、ずっと大切に、心のよりどころにしています。ありがとうございます。
 放送の録画をとってあって、その音声だけですが、アップしたので、リンクをここに貼っておきます。

2020/12/13

憧れの総譜

ポスト @ 21:59:45 | 音楽-

 HH さんとの共作第1号だった「冬の風は床屋さん」を室内楽に編曲中。また本で勉強しながら、少しずつ楽譜を MacBook で書いています。弦楽、木管、金管、打楽器と何段も縦に並んだ五線紙(総譜)に音符を入力していくのは初めて。これは憧れだったので、少しだけ近づけてうれしい。新しいことを学んでいくのは楽しい。

2020/12/12

ピンクのブタのちょきんばこ(金管五重奏版)

ポスト @ 19:49:43 | 音楽-

 「ピンクのブタのちょきんばこ(金管五重奏版)」を YouTube で公開しました。ちょっと重たいけれど、コミカルな感じになっているかと思います。ともあれ、これで HH さんとの「こどものうた3連作」は、弦楽四重奏、木管4重奏、金管五重奏と一通り完成しました。聞いていただければ。歌っていただける方も募集中です。
ピンクのブタのちょきんばこ(金管五重奏版)
https://youtu.be/paBVIhluzkQ
くせに(木管四重奏版)
https://youtu.be/_cwEYy7eXp4
ゆきだるま ひとり(弦楽四重奏版)
https://youtu.be/pGbAq3Sdlsg

2020/12/06

金管五重奏

ポスト @ 21:14:13 | 音楽-

 夕食後の音楽の時間は、このところ編曲の勉強。本の順序に従って、今度は金管五重奏。作詩の HH さんとの曲「ピンクのブタのちょきんばこ」を編曲中。トランペットはホルンなどの金管は、吹いてから音が出るまでに時間がかかるようで、Logic Proでは、歌を少し後ろにずらさないと合わないようです。面白いな。

2020/11/23

木管四重奏版

ポスト @ 21:48:58 | 音楽-

 祝日なので(でも講義はあった、むう)、「くせに」の伴奏を木管四重奏にしてみました。もちろん初めてなので、勉強のつもりです。『・・オーケストレーション技法』の本を読んで、まねをして。アレンジ譜を Finale で書いて、MusicXML というファイルにして Logic Pro X に移して、フルート、オーボエ、クラリネット、バスーンの音色にして。できたあ。ピアノ伴奏とは違う味わいがあります。聞いてみて下さい。
https://youtu.be/_cwEYy7eXp4

2020/11/15

ゆきだるま ひとり

ポスト @ 20:00:12 | 音楽-

 HH さんの詩に曲を付けた「ゆきだるま ひとり」を YouTube にアップしました。無料イラストに、イメージに合うものが、なかなか見つからなくて、暫定版ということで失礼します。ピアノとフルートの伴奏と弦楽四重奏の伴奏、2つのバージョンを作りました。お聞きいただければ、と思います。
ピアノ+フルート伴奏版
https://youtu.be/sqrY2t8ItbI
弦楽四重奏伴奏版
https://youtu.be/pGbAq3Sdlsg

2020/11/14

弦楽四重奏に編曲

ポスト @ 21:55:46 | 音楽-

 前に買った、『3つのケーススタディでよくわかるオーケストレーション技法』という本を見てみたら、ピアノ曲を弦楽四重奏に編曲する方法が書いてありました。ふむ、ふむ。意外と簡単にできそうだったので、HH さんの詩に付けた「ゆきだるま ひとり」のピアノ伴奏を弦楽四重奏にしてみました。譜面を Finale で書いて、Logic Pro X に写して、レガート、ピチカート、スタカートと奏法を指定してみると、それらしいものになりました。Logic Pro X だけでも、ここまで出来る。いや、もっと上手く作れるのかな。

2020/11/08

くせに

ポスト @ 21:59:34 | 音楽-

 HH さんの詩に曲を付けた2つめ、「くせに」を YouTube で公開しました。「子供のくせに」などという言葉に物申す、という内容で、深く共感して作りました。「くせに」という部分をすべてドソミというメロディーにしてみたら、面白い曲になりました。ピアノ伴奏も、和音を変えながら、その音型を繰り返しています。メッセージを柔らかくするために、動物のイラストをたくさん入れました。ぼくは最後の方の、立っている犬とカバがお気に入りです。お聞き下さい。
くせに
https://youtu.be/f_2naob9dEM
くせに(歌詞字幕つき)
https://youtu.be/3tatqOMb6f4

2020/11/07

ピンクのブタのちょきんばこ(歌詞字幕つき)

ポスト @ 20:52:16 | 音楽-

 「ピンクのブタのちょきんばこ」に歌詞字幕を付けて、別バージョンとして YouTube にアップしました。
https://youtu.be/GDu5aRXT_tg
実は、字幕なしバージョンは、歌のリズムが悪かったので、Logic Pro X で機械的に直しました。字幕なし版も、そのうちに直そうと思います。

2020/11/04

上手な方に

ポスト @ 21:17:36 | 音楽-

 ゴンチチさんの「世界の快適音楽セレクション」を毎週聞いています。聞き逃しサービスも始まって助かります。今回は、三上さんが、自分の作曲したものは上手な方に全部演奏してもらえればいいんだけれど、やっていただけないので自分たちでやっているようなところもある、と言っていました。ははは。僕なんか、レベルは違えど、その通りで、歌っていただける方がいないので自分で歌っています。下手はご容赦下さい。

2020/11/03

ピンクのブタのちょきんばこ

ポスト @ 21:52:31 | 音楽-

 文化の日なので、文化っぽいことを。HH さんの詩に曲を付けた「ピンクのブタのちょきんばこ」を YouTube で公開しました。後で、修正版を作るかもしれませんが、とりあえず。無料イラストを編集しています。作者の方々にお礼申し上げます。
https://youtu.be/LN5zXgWtG3U

2020/11/01

楽譜ソフトウェア

ポスト @ 21:46:20 | 音楽-

 本格的な楽譜ソフトウェアを入手したので、勉強にと、EF さんが手で書いてくれた「松川の村」のピアノ伴奏譜を入力してみました。ミニ・キーボードとテン・キーを MacBook Pro に接続して、マニュアル本を見ながら奮闘。えらく大変。もう少し簡単に入力できるようにしてもらいたいなあ。肩こり悪化。

2020/10/29

ボツからレコ大

ポスト @ 21:00:01 | 音楽-

 筒美京平さん作曲の「また逢う日まで」は、最初エアコンのCM曲として作られたものの採用されなかったとのこと。その後、ズー・ニー・ヴーで「ひとりの悲しみ」として発売、しかしヒットには至らず。プロモーターの村上 司さんの後押しで、阿久悠さんが歌詞を直し、尾崎紀世彦さんが歌ってレコード大賞。そんなことも、あるんだな。曲の力、人の力を感じます。