カテゴリー : 研究活動

このカテゴリーの登録数:605件 表示 : 301 - 400 / 605

2010/12/30

2010年の活動

ポスト @ 23:38:20 | 研究活動

 今年もあと1日。振り返ると、2月にロサンゼルス、4月に東京、6月にベルギー、8月9月にイギリス・フランス、10月札幌・仙台、11月東京、12月アイルランド・東京と、ポスター3回を含めて10回の研究発表ができました。内容をつないでテーマをずらしながらなので、少しずついろいろなことが自分でもわかってきてよかったです。論文もずいぶん書いたり直したりして、完成しているものもあるのですが、なかなか出版されないので、2010年にはほとんど出てきませんでした。残念。まあ来年以降の楽しみに。
 大学に提出した研究業績記入票を「ファイル」にアップします。2011年もエキサイティングでありますように。

2010/12/10

ハードル・リレーのアンカー

ポスト @ 23:52:05 | 研究活動

 次の締切は重いです。個人でなくグループでの提出。しかも僕以外は完成していて。ちょうど、ハードル・リレーでアンカーになった気分です。走ったことはないですけど、バトンは落とせないし、ハードルを倒して転べないし、目標時間内に入らないと。うおぉ。かつてないプレッシャーで、頭を抱えています。
 でも、前に自分で書いた「飛行機はストレスで飛ぶ」を思いながら、なんとか。むぅ。

2010/12/03

ダブリンからベルファスト

ポスト @ 7:43:36 | 研究活動

 昨日は列車でダブリンからベルファストに移動しました。案の定、と言うべきか、雪で発車が50分遅れ、途中で信号が壊れたとかで止まったりで、2時間のところが4時間かかり、着いたときにはコピーやさんが閉まるまで30分を切っていました。あわててタクシーに乗って、降りて店を探して。ふわー、間に合った。ハンドアウトをコピーできました。あやういところ。列車の中では、ダブリンで乗る前に完成させて印刷しておけば良かったと後悔していました。まったく、自分ながら。
 今日は発表も無事に終わって、ほっとしました。海外は質問がいっぱいあって反応があるのが楽しいです。あと2日の学会は気分も楽に吸収してきたいと思います。

2010/11/22

秋の朝

ポスト @ 23:57:40 | 研究活動

 札幌で紅葉が始まった9月頃から、ウィークデイも早起きを続けています。玄米フレークだけ食べて出かけて、紅葉を見ながら車を走らせて、カフェでクロワッサンとか食べて、紅茶を飲みながら2時間ほど仕事。帰りに真駒内公園を散歩してくるという毎日。体と目の健康に良いように思っています。
 でも、もうしばらくすれば雪道になってしまうし、春は花粉で出かけられなくなってしまいます。あと少しかもしれない秋の朝を楽しみたいと思います。

2010/11/20

日本育ち

ポスト @ 22:49:41 | 研究活動

 先日の英語学会の懇親会で、ある方から、活発に発表しているが昇進などの理由はないですよね、と尋ねられました。はい、ありません。じゃあ何で、と自問。面白くて知りたいから。発表しようとすることで研究が進む(ような気がする)から。そして理由とまでは言えないけれど、日本育ちでも世界でわかってもらえることを確認したい、ということがあります。
 日本の英語学・言語学では、アメリカなどに海外留学して博士論文を書いてきた優れた方々が中心になって研究をしている印象があります。そうではない僕は、ずっと自分に限界があるような気がしていました。実際、発表応募20回連続ボツの数年があったのですが、そのあと、また海外でも発表できるようになりました。
 研究内容にせよ、英語力にせよ、海外で厳しく体系的に勉強してきた方々には及ばないかもしれませんが、自分なりにできるところまで突き詰めてみたいと思います。日本育ちのささやかな矜持です。

2010/10/21

勘違いと講演中継

ポスト @ 21:02:16 | 研究活動

 今日も朝から郊外のスタバ。考え直してみたら、一昨日の発見は、どうも勘違いのようです。とほほ。やっぱりスッキリと結果が出てこない。むう。まあ仕方ないですね。データベースの整備を待ったりして気長に考えていきます。
 仙台言語学サークルはあさって。せっかくなので、させていただく講演の Ustream 同時中継と録画をしてみようと思います。htokiTV で 10/23(土) 16:15-17:15 の予定です。MacBook1台だけで、PowerPoint のスライドを再生しながら、内蔵カメラとマイクで e-mobile から放送しようという計画。録画もするので、後でもご覧になれると思います。うまくいけばですけど。
 でもそんなことより、大事なのは話の内容ですよね。明日までにスライドとハンドアウトを作らないと。うおお。
 

2010/10/19

見つけた

ポスト @ 23:57:49 | 研究活動

 土曜の仙台言語学サークルでの発表(講演)のために、週明けからスパート。毎朝郊外のスタバに車で20分、誰もいないお店で朝食をとりながら MacBook に向かっています。何やってんだか、と自分でも苦笑。
 今朝も、やっと他のお客さんが来はじめたころ、データの集計と計算をやっていました。おっと、この方法は去年か一昨年やってだめだったんだっけ、と同じ結果が出て気づいて。自分で忘れちゃしょうがないよなあ、まあもう一回やって、割合を出してみるか。ほら、やっぱりうまくいかない。でも念のために並べ替えてみるか。ううんと・・、えっ?
 並べ替えた表には、この5年間ずうっと探してあきらめかけていたパターンがきれいに現れていました。こんなことがあるなんて。息をのむような瞬間でした。勘違いでありませんように。仙台でお話しできたらと思います。

2010/10/17

ハードルをなぎ倒していく

ポスト @ 0:38:30 | 研究活動

 結局、アイルランドには、締切ぎりぎりの朝8時(現地午前0時)に原稿を送信。でも今回は、学会前の内容紹介用なので短いバージョンでOKと言われていたので、時間がなくて完成度の低いものを送ってしまったという残念感が。自分で立てたハードルを越えてないな。むう。
 でも、仕方ないですね。それも実力のうち。いつもハードルをクリアしていくのは、僕なんだし無理。時々ひっかかって倒しながら先に進んでいくしかないかな。もう一度 Wikipedia の「障害走」の記述を読む。「ルール上、ハードルを倒しても問題ないが、ハードルを倒すとスピードが落ちてしまうため、倒さないように走るランナーが多い。 しかし、稀にハードルをなぎ倒していく選手もいる。」なぎ倒していく力もないけど、よろよろとでも進むことにします。

2010/10/03

締切三重跳び

ポスト @ 23:38:31 | 研究活動

 木曜に書き直し論文を送って、金曜にスライドとハンドアウトを作って、土曜は日帰りで北見に出張、日曜の今日が学会発表でした。縄跳びだったら、三重跳びみたいな感じ。疲れました。
 でも、今日はたくさんの方に聞いていただけて良かったです。どうもありがとうございました。えーと次は15日締切の論文で、23日は仙台でのトーク、11月は13日が英語学会ワークショップで、12月2日がアイルランドの学会発表。締切障害走はまだ続くので、休みを入れて体に気をつけます。

2010/10/01

送って爽快

ポスト @ 23:57:43 | 研究活動

 泣きながら直した論文を月末の締切直前にイギリスに送りました。あー、この3か月つらかったー。なんて今日は空が青いんだ。
 と、思ったら、あさっては研究発表で、明日は大学の仕事で北見に飛行機で日帰り出張。帰り9時過ぎになっちゃうし、発表は午前だし、ということで、スライドとハンドアウトの作成と印刷・ホチ止め。ふぇー。
 できた、できましたよ、へっへっ。と、思ったら(こればっかし)MacBook をプロジェクタにつなぐアダプターとページ送り付きポインタを大学に置いてきてしまったぁ。出張帰りの夜遅くか発表前の早朝に取りに行くかしかない?とほほ。

2010/09/18

締切の影

ポスト @ 23:55:27 | 研究活動

 これからちょうど1ヶ月の間の締切予定は、論文直し、研究発表、論文原稿、それぞれ1です。心弱い僕は、これらと向きあっていかなくてはいけません。くーっ。何か楽しいことをしていても、影が忍び寄っているようで、浮かれられないのが残念。早めにやってしまうということさえできればなあ。むう。

2010/09/08

大学あるところにコピー屋あり

ポスト @ 22:59:42 | 旅,研究活動

 ポスターを印刷できるところをグーグルで探して街を歩きましたが、夕方学会の受付に行った大学入り口でも発見。そうですよね。最初からここに来てみれば良かった。大学があれば、コピー屋さんがある。コピー屋さんが近くにない大学は大学と言えるのかと思ったけど、自分の所を考えて・・。コホン。

2010/09/03

ギリシャ文字に注意

ポスト @ 1:47:45 | 研究活動,旅

 学会2日目。リーズ大学は大きくて、キャンパスがいろいろなところにありますが、Devonshire Hall という所で開かれています。今日は30分の発表と10分の質疑応答だったので、ちょうどいい感じでした。昨日から Mac の接続がおかしいということで、会場の Windows にファイルを移して始めたら、ギリシャ文字の一部が文字化けして、アルファやデルタが @ や TM とかになってしまいました。しまった。仕方ないので、TMはどうのこうのとしゃべって失笑を買っていましたが、まあなんとかできました。「君のせいじゃない。」その時に笑顔で言ってくれたホルムバーグさん、ありがとう。
 ホール正面と、まだ気づかずに話しているときの写真を。
P9010243.jpg leedspres.jpg

2010/08/24

どこにいても

ポスト @ 22:48:05 | 研究活動

 大学図書館で締め切り間近のものを書いています。結局、どこに行こうと、講義に出たり、図書館にいたり、カフェで仕事したりで、同じです。なんだか。まわりはドイツの学生たちが勉強しています。それだけの違い。あ、これから講義に出ます。これは英語で行われるので、なんとか理解できます。

2010/08/21

人類学研究所

ポスト @ 16:15:27 | 研究活動

 昨日は今回の旅の目的の一つ、市内のマックス・プランク人類学研究所に出かけました。言語類型論の中心、言語構造地図を僕も利用させてもらっています。着いてみると、国立図書館の向かいにある立派な施設でした。こんなところで研究できたらなあ。
 ちょっとさみしくなりましたが、でもね。「はやぶさ」だって小さな予算とチームで(だからこそ)できたんだし、バッハだって、この小さな街の教会で音楽を作っていたんだし。己の立てるところを深く掘れ、・・はい、掘ろうと思います。まずは月末3本の締め切りから。とほほ。
 研究所の写真を。
P8190162.jpg P8190160.jpg

2010/08/18

学生タダ乗車証

ポスト @ 5:50:03 | 研究活動

 今回はライプツィヒ大学でのドイツ・フランス言語学会主催、言語類型論の夏期学校に通っています。主にヨーロッパの大学院生に混じって講義に出て。日本人は僕だけみたいです。
 学生なのでタダという市内乗車証をもらったので、路面電車・バスは市内自由。ありがたいです。日本にはあるのかしら?
 大学の新館と市中心部の写真を。銅像はこの大学の出身で哲学・数学のライプニッツ。
P8180152.jpg P8180172.jpg

2010/07/28

受諾

ポスト @ 23:01:18 | 研究活動

 2008年夏のミュンヘンでの学会 Consonant Clusters and Structural Complexity をもとにした論文集が Mouton de Gruyter から出ることになっていて、査読者の山のような厳しいコメントに泣きながら書き直した論文がやっと受諾されました。ふう。たいへんだったなあ。
 もっと実力があって、最初からちゃんと書ければ、こんなつらいことにはならないんだろうなあ。でも、僕のことだから、まあ仕方ないです。できただけでも、ともかく缶ビールでひとり乾杯。

2010/07/13

朝カフェ

ポスト @ 22:44:55 | 研究活動

 サッカーのワールドカップで早起きの癖が付いたので、これを生かして朝練ならぬ朝カフェ仕事。月・火と車で20分の郊外のスタバに。早すぎて、お客さんもほとんどいなくて(そりゃそうだ)快適に研究などができます。
 考えてみると自分は変な暮らしをしているなあ。自分で選んだ部分と神様が決めてくれたのと両方なんだろうけど。ともかく自分のできることを。

2010/06/19

久しぶりのつくば

ポスト @ 23:58:24 | 研究活動

 言語学会で久しぶりに筑波大学に行きました。よく誤解されるのですが、僕は筑波大学の出身ではないのです。学位論文の提出だけなので。それでもご縁のある大学で感謝しています。

2010/06/06

締め切り障害走

ポスト @ 23:56:11 | 研究活動

 また土日の朝は街のカフェで仕事でした。ともかくドイツには書き直し原稿を締め切り日に送って。このあともアメリカに送る原稿、ベルギーでの発表と続くので、ハードル競技をしている感じ。なんか助走スピードが足りないうちに、障害物が次々と目の前にあらわれてきます。
 ただ救いは、「ルール上、ハードルを倒しても問題ないが、ハードルを倒すとスピードが落ちてしまうため、倒さないように走るランナーが多い。 しかし、稀にハードルをなぎ倒していく選手もいる。」というウィキペディアの記述。なぎ倒しで、よろよろ行くことにします。

2010/06/01

朝練

ポスト @ 22:51:09 | 研究活動

 実は今日も講義が午後からだったので、僕にしてはすごい早起きをして2軒はしごで仕事してしまいました。もう部活の朝練という感じで、体がおかしくなってきました。つらい。明日はさすがにやめようと思っていたら、マックのホットドッグ・セットの無料券が見つかり、悩んでいます。

2010/05/31

月朝カフェ

ポスト @ 23:33:06 | 研究活動

 ついにドイツに送る論文直しの締め切り直前。英語チェックをお願いしたいので、週末からスパートしたのですが、月曜の朝になってしまいました。まだ大量に直しがあったので、早起きして、渋滞前の道路を車で20分、郊外のスタバへ。集中して2時間、また車で10分、別のカフェへ。え、開店10分前?待つ。そんなのは僕だけだろうな。集中して2時間、また車で10分、3軒目へ。ランチを食べて集中して1時間。また車で移動して4軒目。集中して1時間、ふゎー、やっと一応できました。めずらしく今日は会議が午後なくて夕方のだけだったから可能だったカフェ4連発。クレージーな1週間の始まりなので、こんなこと書くとびっくりされそうです。

2010/05/18

またイギリスへ

ポスト @ 23:50:12 | 研究活動

 ケンブリッジ大学の TB さんからメール。9月のイギリス言語学会のワークショップで発表できることになりました。ああ、よかった。この3月に、人生初の集中力で4つ発表要旨を書いたうち(過労)、ベルギーとこれで2つが通りました。やってみるもんです。(1つはすでにボツ、残り1つは結果待ち。)
 イギリスはこれで3年連続で計4回行くことになります。特に好きだというわけではなく、ニューキャッスル大学とケンブリッジ大学の「不調和語順の構造と線形化」(Structure and Linearization in Disharmonic Word Orders) プロジェクトチームが活発に学会を開いていて、僕もその毎回のテーマに乗って研究し、発表しているためです。おかげでエキサイティングで面白い研究生活と旅ができています。つらいことも多いけど。特に論文を怒られて直すとか。ああ、ドイツの直しの締め切りが迫ってきました。とほほ。

2010/05/09

研究会再び

ポスト @ 23:35:30 | 研究活動

 旭川から KY さんが来てくれたので、日曜朝10時、図書館開館と同時に研究会。4月から1年ぶりに再開しました。もちろん定期的にできるとは限らないけれど、続けていくのがいいと思っています。まずは共著の論文の直しです。締め切り近し。とほほ。

2010/04/27

研究報告

ポスト @ 23:29:53 | 研究活動

 研究費をいただいているので、成果と実績の報告書を朝からずっと書いていました。ありがたいことなので、感謝しながら。おかげさまで、ずっと研究を続けられています。

2010/04/22

ボツを恐れない

ポスト @ 23:18:38 | 研究活動

 応募した要旨や論文がボツになると、がっくり来ます(最近もあった)。でも、内容が常識にとらわれない斬新なものだから受け入れられないという可能性もありますね。それなら、ボツもいいじゃないか、と時々思います。(本当に、なってない、という可能性もあるけど。)
 そういえば、H書房の社長さんに、なぜHという社名をつけたのですか、と尋ねたことがあります。チョムスキーが Syntactic Structure の原稿を書いて、いろいろ出版社にあたったのだけれど、全部断られた。そしてムトン社だけがやっと受け入れてくれたのだそうな。そういう会社になりたい、と思ってムトンを日本語にした社名にしたそうです。言語学を変えた本はたくさんのボツを宣告されていたのです。

2010/04/09

怖くて読めない

ポスト @ 23:48:40 | 研究活動

 ドイツはミュンヘンからメール。一昨年発表した学会が出版する論文集に投稿していた結果でした。書き直し。ボツと一発拒否でなくてほっとしましたが、これから査読者2人の厳しいコメントと修正勧告を読んで、考え直す・書き直すのはむちゃくちゃ苦しい道のりです。まず、気の弱い僕は、怖くてコメントを読む気になれないのでした。でも締め切りあるし。とほほ。

2010/03/17

面白い研究

ポスト @ 23:58:56 | 研究活動

 面白い研究って何でしょう?僕は、自分で思うに、一番エキサイティングなテーマとアイディアに出会ったのは、この5年でした。それまでも面白くてやってきたのだけれど、最近は次々と考えることが出てきます。
 若い人には、続けていくといいことがあるかもしれない、と言ってあげたいです。僕の勘違いかもしれないけれど。

2010/03/10

要旨書きの楽しみ

ポスト @ 23:56:10 | 研究活動

 講義も終わって、大学の仕事と会議ばかりなので、その他の時間はすべて研究につぎこんでいます。そんな大したものじゃないですけど。この2週間で学会応募の締め切りが3つあるので、ずっとアブストラクト(発表要旨)を考えて書いています。
 恥ずかしながら、僕はこの要旨を書いているときが一番楽しいのでした。まだ漠然としているアイディアを1,2ページに書きながら、構想を練って、調べて、考えて。短いから、英語で書くのも大変じゃないし。まだ具体的なすみずみまで考える必要はないので、大胆にエキサイティングな発想をすることができます。また、たとえ応募してボツになっても(多い)、建築家の安藤忠雄さんが言うように、アイディアは残るのでした。
 本当は、じっくり論文を書いているときが一番楽しい、と言えるようになりたいんですが、なかなか。なりたい。

2010/03/08

コンピュート

ポスト @ 22:35:57 | 研究活動

 去年の夏に AJ さんの協力で作った、エクセルの表。言語が 2,563 行、特徴が 152 列という巨大な表です。ある特徴の組み合わせを満たす言語の種類 (genus) を数えようとして、手作業でやっていましたが、あまりにも大変。検索したところ、=SUMPRODUCT(1/COUNTIF(C3:C7,C3:C7)) のように関数を組み合わせると、エクセルで計算してくれることがわかりました。これは便利だ。
http://integer.exblog.jp/2641724/
 何で数えられるのか、式の意味が分からないのが情けないですが、まあともかく。せっかくコンピュータなんですもんね。

2010/03/05

調べる・考える

ポスト @ 23:46:25 | 研究活動

 この数日は、集中して歴史的音韻論について調べて考えていました。もしかして、こうだから、ああなんじゃないかと思ったことがあって、The Universals Archive を思い出して検索してみたら、こうだということを書いている人を発見しました。ぱあーっと目の前が開けたようでうれしい。
 それにしても、この Frans Plank さんによるデータベースは、言語の普遍性についての項目が集められていて、面白いです。こんなこと、普遍的にあるんじゃないかな、と思ったら、どうぞ。
http://typo.uni-konstanz.de/archive/intro/index.php

2010/02/28

遠い学会

ポスト @ 23:44:46 | 研究活動

 2月末締め切りの学会発表応募原稿をここ数日集中して書いていました。今日、ついにできたので、応募要項を確かめていると、あれ、締め切りが Feb 28, 2011 となっているぞ。2010 の間違いだな、こりゃ、と思いましたが、Linguist List の学会カレンダーを見ても、今年の9月にない!検索すると、一番下 2011年9月のところに。がーん、締め切りも学会も来年かああ。調べてみると隔年開催で、前回が 2009 だから・・。
 今年9月のスケジュールを見て、航空会社に電話して現地ヨーロッパを2日目の夜出れば、オープンキャンパスの前日夜遅くに札幌に帰れることまで確認したのに。一番悲しいのは、一年経ったら、今考えていることを全部忘れていそうなことです。学会応募自体忘れたりして。とほほ。

2010/02/05

あなたも来ましたか

ポスト @ 23:50:55 | 研究活動

 ロスでの学会プログラムがアップされたので見ていたら、留学中の友人(同居人)NRさんもポスターでした。ん、同じプロソディー・セッション? 統語論から音韻論に参入してくる人が増えてきているとは思っていましたが、あなたもついに来ましたか。
 さらに、しばらくして、紅茶屋さんで新刊洋書案内を見ていて、ぶっと吹き出しそうに。Uttering Trees だって!? 統語と音韻のインターフェイスの本をMIT Pressのmonographで出すんですね。10年前の同居中は、もっと音韻論勉強しておけばよかったよ、と言っていたのに。さすがはNRさん。そういえば、僕の本を送ったとき、これからすぐ読むよ、とメールくれてたな。そうかあ。

2010/02/02

お風呂で読んでます

ポスト @ 23:52:58 | 研究活動

 半身浴での研究書読みを毎日続けています。前の巨大な『オックスフォード複合語ハンドブック』は面白そうなところを読み終わったので(風呂の中だけで!)、年明けから、書評依頼のあった本を読み始めました。ロスでの学会のプログラムを見たら、著者の人が発表するようなので、話が出来そうで楽しみです。まずは、「あなたの本、お風呂で読んでます。」と自己紹介するかな。びっくりするだろうから、フランクな人かどうかを確かめてからにしようっと。

2010/01/23

学会への距離

ポスト @ 21:52:12 | 研究活動

 毎日届く言語学メーリングリスト Linguist List。学会の発表募集を見ていると、面白そうで発表しに行きたいものがたくさん出ています。でも日本に住んでいると、ヨーロッパやアメリカは遠くて時間もお金もかかってきびしいですね。ああ、ヨーロッパに住んで、いろいろ出かけたいなあ。作家さんだったりすれば、どこに住もうと自由だからいいんだろうけど。教員なので、またサバティカルで自由に研究に打ち込めて移動できる1年が欲しいと思います。今、ちょうど自分では盛り上がっている時期なので、ぜひ近いうちになんとか。

2010/01/08

コピー取り2

ポスト @ 23:42:26 | 研究活動

 図書館にお願いしていた相互貸借図書が一度に7冊届いて、コピーも連日で飽きてきたので、学食に(ひまそうな)学生さんを探しに行きました。あー、いたいた。頼んでバイトで3冊コピーしてもらいました。薄謝ですみませんね、ありがとう。おかげさまで、すぐ製本して読んで、また少しマイナー言語の現象が分かりました。1冊は自分でコピーしたので、あと3冊。また学食かしら。

2010/01/06

コピー取り

ポスト @ 23:27:55 | 研究活動

 昨日は会議後、冬休み中に気になっていた本をコピーしに、H大学に行きました。学生時代に、同じようにコピーしていた記憶がよみがえってきて、ふんわりとした気持ちになりました。結局、ずうっと同じことをしているんだな。でも、自分がこの世界でやっていけるのか、全くわからないまま、本をコピー機に押さえつけていた感覚をうっすらと思い出しました。

2009/12/27

年末ダッシュ

ポスト @ 23:56:17 | 研究活動

 ゼミの学生さんを自宅に招いてのクリスマス・パーティーも22日に終わり、居間もきれいになったので、短い冬休みを研究に集中。1月6日から講義が始まるなんて大学らしくない。文句も言いたいけれど、ともかく集中。たいしたことができるわけでもないんだけど、ともかく。白ソーメン。

2009/12/26

世界図書館検索

ポスト @ 23:32:34 | 研究活動

 大学図書館の尊敬する司書WTさんに、WorldCat というウェブ検索を教えてもらいました。英米の図書館が検索できて、これは素晴らしい。日本にない本を検索したら、2月に学会で行くロサンゼルスにあることがわかったので、コピーしてこようと思います。
http://www.worldcat.org/
 せっかくなので、自分の本を検索。わ、アメリカは3大学、イギリスはケンブリッジ大学に所蔵されていることがわかりました。うれしい。テレザさん、ほんとに入れてくれたんだな。自分の名前で検索すると、論文集もヒットしました。世界、色つきソーメン。

2009/12/25

補欠グランドスラム

ポスト @ 18:10:01 | 研究活動

 応募していたアメリカ西海岸の学会からメール。口頭発表は補欠で、空かなかったらポスター発表だけど来るか、と。はいはい行きます、と返信。十年前のアメリカ北東部の学会は口頭発表、一昨年のヨーロッパの学会は補欠で、出番もポスターもなし。
 でもこれで、個人的に考える、生成文法の世界三大学会に補欠以上で参加することになりました。しょぼいかもしれないけど、グランドスラムですか。僕なりの色つきソーメン。

2009/12/17

年齢論文数

ポスト @ 21:09:21 | 研究活動

 結局、論文は締め切り2週間遅れで送りました。ほっと。当面の目標はの論文の数を年齢と同じにすることです。内容が第一なんですが、せめて数だけでも。少しずつ。

2009/12/09

催促状2

ポスト @ 0:27:50 | 研究活動

 家に帰ると、イギリスからメールが届いていました。「11月末締め切りの論文について、まだ連絡をもらっていないが、書く気はあるか」ということ。ひー。ついに来たか。
 実は、フランスのは遅れたけど12月3日に送って、イギリスのはおととい日曜深夜2時に書き終わって現在ネイティブのWG先生にチェックしてもらっているのでした。その旨をすぐ書いて返信。ほどなくしてまたメール到着。「それはよかった、待ってます。」ふう。
 それにしても、催促状は、複数宛だったけど、僕らの他はケインとチンクェとズバルトだけ。すごい人ばっかだったー。

2009/12/06

軽やかに研究

ポスト @ 23:05:08 | 研究活動

 週末もまだ論文書き。毎朝、街のスタバ。苦しい毎日が続いています。先日、尊敬するUM先生から「時崎君は軽やかに、楽しそうに研究をしている」と書いていただいて、うれしかったのですが、実際はこのとおりです。とほほ。

2009/12/04

予想が大切

ポスト @ 23:50:55 | 研究活動

 『現代思想』12月号で、「谷山豊と佐藤幹夫」という黒川信重さんのエッセイを読みました。数学では予想を作るのが何より大切、問題を解くことが大事にされてきた日本の現状は残念、谷山予想と佐藤予想のように日本から夢のある予想がどんどん出現することを期待、という内容。「大風呂敷を広げる」と忌避する日本の精神風土を批判しています。この数年、身に余る大風呂敷を広げた言語研究を模索している僕には、ありがたい言葉でした。くじけずに続けていこうかという気持ち。ともかく、まず目先の論文からだけど。

2009/11/30

ダブル締め切り日

ポスト @ 22:57:57 | 研究活動

 フランスとイギリスに送る論文2本の締め切り日。1本は泣きながら書き上げて、チェック中。もう1本は、草稿段階。うおぉ、やっぱりこうなったかあ。
 一昨日は言語学会の休憩室で2時間 Mac で書いていました。みんな再会して楽しそうに話してる中、なぜか集中して。
 時差があるから今日は早く寝て、朝早起きして書こうかしら。定期試験前の高校生から進歩していない自分。

2009/11/09

催促状

ポスト @ 20:55:32 | 研究活動

 東京に今日締め切りの英語学会の仕事を添付で送信した後、ポンとイギリスからメール。件名の Reminder は辞書で引くと「催促状」になるんですね、こわい。要は、論文集の原稿締め切りは今月末だよ、覚えてる?忘れないでね、ということ。フランスのと同じく、こっちも延期になればいいのに、と思ったけどだめみたいです。Reminder を送ってくれるのは、ありがたいけれど。うじうじと MacBook に向かう日々が続きます。

2009/11/04

延期の喜びと悲しみ

ポスト @ 23:54:42 | 研究活動

 締め切り迫る論文を書かなきゃあ、とうじうじしているところに、フランスからポンとメール。お、締め切りが月末になってる。また延期かあ、よかったあ。と思ったけれど、今度はイギリスに送る別の論文の締め切りと重なっちゃいました。ダブル締め切りはきつい。むう。ただ、今までの締め切りのつもりで書いていけばいいんですけどね。弱い人間なので、これができないんでした。とほほ。

2009/11/03

気持ちをのせる

ポスト @ 23:07:20 | 研究活動

 祝日なので、朝から街のスタバに出かけて来週の締め切り論文にかかりました。主に去年研究していた発表した内容なので、思い出すのに一苦労。それよりも現在の関心とずれちゃってるので、気持ちをのせるまでが大変です。僕は何をやるにしてもそうなんだな。情けないけど、そんな自分とつきあっていかないと。ふう。

2009/10/31

胸のつかえ提出

ポスト @ 23:50:10 | 研究活動

 昨日今日と、連続の締め切り日。研究計画書とささやかな原稿を提出しました。2週間以上かかっていたので、ようやく胸のつかえがとれた感じです。これまた、ささやかにビールで一人乾杯。とにかく、こうやって、つかえさせながらも、少しずつ小さな足跡を残していきたいです。小さすぎて見えないかもしれないけど。

2009/10/30

雑誌PDF論文

ポスト @ 23:54:55 | 研究活動

 雑誌の論文が欲しいのだけど、図書館にないという場合は、ネットで1本30ドルくらいでPDF版をダウンロードできるサービスが普及しましたね。日本円で3,000円くらいだから、高いのか安いのか。20ページの論文をコピーするなら10回で100円。PDF版は30倍かあ。ううむ。しかし、コピーと違って、なくならないし、キーワード検索できるし。悩むところです。

2009/10/12

さてん人

ポスト @ 20:48:57 | 研究活動

 3連休は、連日、早朝から街のスタバへ。MacBook で論文書きでした。こうしないと向かえない僕は何と弱いのだろうと思っていたら、先日NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で漫画家の井上雄彦さんが、ネームを考えにカフェをはしごする様子が放送されていました。なぜという質問に、「人間って弱いじゃないですか」と。そう、そうなんですよね。

2009/10/06

研究費申請

ポスト @ 21:10:44 | 研究活動

 科学研究費をいただいていますが最終年度なので、来年度からの申請を久しぶりにしようと思います。計画書などをたくさん書かなくてはいけないので大変ですが、いただければ、それを使って研究を進められるので、何よりです。しかし、いただけなかった場合の落胆と申請にかかった時間を惜しむ気持ちもあって複雑です。まあ、自分の研究してきたことを客観的に見つめ、これから研究計画を構想するのにいい機会とも考えられるので、今年も申請してみます。ふう。

2009/09/21

半身浴ハードカバー

ポスト @ 20:31:33 | 研究活動

 あいかわらず、湯船に入りながら研究書を読んでいます。前のが読み終り、悩んだあげく、ついに The Oxford Handbook of Compounding という700ページの分厚い大判の洋書を持ち込んでしまいました。このまま書棚に置いておいても読むひまなさそうだし、それなら思いきって、と。やってみるとハードカバーはタオルなどで押さえておかなくても開いているので良いです。ただ値段が高いから、それはもう慎重に湯気や指の水気に気をつけています。クレージーですが、勉強になります。お勧めして良いのやら。

2009/09/15

夏の終わり2009

ポスト @ 9:50:27 | 研究活動

 今年の夏は、元気に活動できました。7月2週目に三重大学で講演をさせていただいて、一週間後サンフランシスコで研究発表2つ、5週間滞在して講義に出て、札幌に戻って1週間。また神戸に学会オーガナイズと発表で1週間滞在。札幌に1週間戻った後パリへ。1週間いて発表して戻ったら9月も半ば。2ヶ月ちょっとで4カ所に出かけて札幌にいたのは2週間。結局網戸も付けずじまいでした。サンフランシスコで風邪で熱を出したり、神戸で足が痛くなって歩けなくなったり、いろいろありましたが、なんとか5つの発表をこなすことができました。論文も一応1つ書いたし。
 疲れた体と頭に響いてくるのは、ハードスケジュールの中で海外のチェス大会に参加している羽生名人の言葉です。「少しでも出かけられるチャンスがあったら、ちょっと無理してでも行っちゃわないと。一年なんてあっという間ですから。」

2009/09/03

締め切り延期

ポスト @ 20:15:33 | 研究活動

 フランスからメール。会議録の論文締め切りが延期になりました、って、やったあ。あさってだったけど、11/15に。もっと早く言ってくれれば、悩み苦しまなくてすんだのに。ともかく、よかった。
 と喜んだのだけれど、カレンダーを見たら11/30にイギリスに送る論文の締め切りがありました。とほほ。

2009/07/18

追い込まれる

ポスト @ 0:18:24 | 研究活動

 試験だ採点だと連日の自転車操業。気がつけば学会出発まであと4日。これまでにない追い込まれ方です。2つも発表できるのか?という基本的な疑問。それに答えるのは自分だけという厳しさ。まあ何とかなるかも、健康第一、という甘さ。トホホな毎日が続きます。肩こりも。

2009/07/08

ダブル締め切り

ポスト @ 22:37:39 | 研究活動

 日頃から締め切りまでの目算を誤っては苦しんでいる僕ですが、7月に入って同じ日に締め切りの書き物が2つあることが続いています。これはまいった。一つ終わってももう一つ。ダブルは恐ろしいですね。アイスクリームのダブルとは違うんだ。あたりまえだけど。暑くなってきたので、体に気をつけて、うまく仕上げていこうと思います。書いててアイスが食べたくなってきました。お、冷凍庫に買い置き発見。

2009/06/17

書き直し

ポスト @ 18:09:44 | 研究活動

 ムトン社から出る論文集に載せてもらう原稿の締め切りが近づいてきました。書き直しを命じられていて、3人の査読者からコメントがどっさり来ています。きびしい。もっとも皆さん適確なので、ひたすら改良に努めます。
 それにしても書き直しは、野球のつらい練習が終わったと思ったら、「はい、あと千本ノック」とか言われるような感じで、つらいです。今回も千本ノックくらいあるんじゃないかしら。くう。

2009/06/01

発表後のビール

ポスト @ 2:51:43 | 研究活動

 発表は途中でパワーポイントが止まって助けてもらったりでしたが、無事に終わり、みなさんでパブに来ています。イギリス。発表後のビールは美味しい。これから学会ディナーです。ほっとしたところで楽しんできます。

2009/05/11

50分話す

ポスト @ 22:54:25 | 研究活動

 イギリスでの学会まで、あと20日。今回は持ち時間が50分だったことを思い出しました。40分話して10分質疑応答でしょうから、長いです。英語だし。
 逆に考えると、みんな僕のあやしい英語を50分聞き続けなきゃいけないんですね。気の毒なので、できるだけ準備していきたいと思います。できるのか?

2009/05/06

深夜の外国人

ポスト @ 22:15:49 | 研究活動

 昨夜はフランスに送るアブストラクトを書いていました。時差で締め切りは朝7時。午前2時を回った頃に、いったん書き終えたので、マックの読み上げソフト Alex 君に原稿を読んでもらいながらチェック。英文をすらすら読んでくれて、うまいなあ、さすがネイティブ、と思っていたところに、日本語の例文が出てきました。
「アナータハ、ヨクヤーッタネ。」
深夜にひとりで爆笑。いきなり日本語を英語イントネーションで話す外国の人が現れた感じ。おかげさまで、つらい仕事が楽しくできました。ありがとう Alex。

2009/04/27

書類作成

ポスト @ 23:36:15 | 研究活動

 研究費をいただいているので、その書類作成。またこれも締切です。とほほ。学会出張帰りはきびしい。秘書ソフトみたいなのがあったらいいだろうな。思ったことを、ほいほい勝手にやってくれるような。頭には電極を付けたりしなきゃいけないだろうから、ちょっとこわいか。あと、電線はじゃまだからワイヤレスがいいな。
 そんなこと考えてないで、早く終わらせて寝たほうがいいですね。ふう。

2009/04/26

ポスターで教わる

ポスト @ 23:32:50 | 研究活動

 今日は日本英語学会春季国際フォーラムでポスター発表をしました。ポスターは口頭発表よりランクが低いという考えもありますが、これのよいところは、専門の方とゆっくり話ができることです。至近距離なのでみんな優しいし。今回も英語の歴史統語論や音韻論などの方々から、たくさん教えてもらいました。歴史言語学は、ど素人なので、恥ずかしかったのですが、思いきって発表してよかったです。
 これも、ポスターセッションを行うことを認めてくださった天野政千代前会長のおかげです。ありがとうございました。空から見て下さいましたよね。

2009/04/15

時差損

ポスト @ 23:22:37 | 研究活動

 今日は論文原稿を海外に送る締め切り日。アメリカなら時差があるから明日の昼くらいまでへっちゃらかなと思っていて、送り先のメールアドレスを見ると @usyd.edu.au となっていました。ん、au ってアメリカじゃないな、usyd ってことは、シドニー大学、オーストラリアか!時差ないやん。あわてて世界時計を見る。え、プラス1時間?もう締切過ぎちゃったのね。
 ともかくこれから徹夜です。(明日1講目から3つ講義があるけど。)とほほ。

2009/04/08

寄付Tシャツ

ポスト @ 22:29:54 | 研究活動

 The Linguist List という言語学のメーリングリストで、これを維持するための募金をやっているので、寄付しました。昨年は40ドル寄付してバンダナをもらったんだけど、使いみちがなかったので、今年は思いきって60ドルでTシャツにしました。
 今日、アメリカから航空便で届いた白いTシャツ。大学院生さんのバイト代にもなったかと思うと満足です。

2009/03/15

締切直前

ポスト @ 23:33:11 | 研究活動

 今日が締切なので、直前に論文を直しているとドタバタします。改ページがずれたり、匿名にするつもりが、どこかに名前が残っていたりで何度もPDF作りをやり直し。今、イギリスに送信したところで、ハッと気づきました。もう1カ所消していなかった・・・。まあ、いったん出したので明日朝にします。とほほ。

2009/03/12

夜更かしカレーヌードル

ポスト @ 20:45:59 | 研究活動

 締切に追われて朝4時まで論文を書いていました。眠い。夜更かしの時は、つらさをごまかすために食べてしまいます。昔からなぜか多いのはカレーヌードル・ミニ。家にあれば条件反射的にお湯を沸かしてしまいます。夜中に体が温まるのと、ほどよい刺激で眠気と戦えるからかな。食べた後のカレーのにおいが充満した部屋で書く論文。大したものにならなそうですね。ううむ。

2009/03/05

サテライトで講演会

ポスト @ 23:30:12 | 研究活動

 おとといと今日は朝からいつもの研究会。昨日は大阪大学の UI 先生の講演会を午前中に企画したので連続3日。時間をいただけるのはありがたいことです。
 講演会は大学のサテライト教室ででした。札幌駅すぐの新ビル。きれいで便利でいいです。もっと使った方がいいな。

2009/02/22

強勢類型論データベース

ポスト @ 23:22:54 | 研究活動

 世界の510の言語について強勢の位置などをライデン大学などでデータベースにしていることを最近知りました。StressTyp というサイトで、世界言語データベース WALS に成果が使われています。
http://stresstyp-test.leidenuniv.nl/
表記方法にまだ馴染んでいなくて苦労していますが、便利そうです。世界にはいろいろなプロジェクトがあっていいですね。

2009/02/16

また借り

ポスト @ 21:58:52 | 研究活動

 マイナーな言語を調べていて本が見たくなり、図書館に、他の図書館から相互貸借を、とお願いしました。しばらくして、CCしておいた共同研究者からメール。「それ、前に借りてコピーしましたよ。」うおお、そうだったっけ?全然覚えていない自分って、いったい何だろう。やってることの半分も頭に残っていないんじゃないだろうか。とほほ。

2009/02/02

自分ヒット

ポスト @ 18:27:55 | 研究活動

 英語で論文などを書いている時、こんな英語は実際使われているのかな、と考えた文章を引用符に挟んでネット検索しています。何百件、何十件とヒットすると安心して書くことができて便利です。ただ、ヒットがゼロだと、がっかり。さらにくじけるのは、おっ少しだけどヒットした、と思って見てみると、自分の論文だったりすることです。世界で自分だけしか使わない英語。そりゃダメですね。とほほ。

2009/02/01

土曜夜の図書館

ポスト @ 23:15:10 | 研究活動

 土曜の夜7時半、ある雑誌論文が読みたくなって大学の図書館に行きました。カレンダーによると、夜8時半まで開館、とあるけど本当かな、と思いながら。着くと、暗い中、明かりが灯っていて、おお、開いてました。暖房も書庫までしっかり。人気のない半地下でコピーをとっていると、不思議な感覚になりました。いい大学だな。

2009/01/16

十年一剣

ポスト @ 23:55:09 | 研究活動

 今日は毎週の研究会。決して世界の学問の中心とは言えない場所で、静かに研究をしていると、時々心に浮かぶ「十年一剣を磨く」という言葉。長い間腕を磨いて時機を待つ、地道な継続。磨いていると、いろいろなことがわかってきて世界が広がっていく大きな喜びがあります。ありがたや。

2009/01/06

本の恩返し

ポスト @ 21:06:14 | 研究活動

 気になっていたことに関係しそうな本を思い出し、夜中に本棚を探しました。あった、あった。ずいぶん前に買って、高かったのに関係なかったな、としまいこんでいた洋書。せっかくだからと、また風呂に持ち込み、半身浴でページをめくると、おお、探していたデータが。何となく「鶴の恩返し」を思い出してしまうのでした。買っておいてよかった。

2009/01/05

古典

ポスト @ 22:15:09 | 研究活動

 大学図書館が4日の日曜から開いたので(えらい)、すぐに行きました。僕が今考えていることと共通することを、シャルル・バイイが1944年の『一般言語学とフランス言語学』で書いていると別の論文で知ったからです。もう60年以上前なのに、昔の人はすごいなあ。もちろん僕と全く同じではないんですけど。
 日本語訳がちょっとわかりにくいので、フランス語原本をと思い、Webcat で検索。他の大学にはあるけど自分の大学にはないみたいだな、440ページだから相互貸借してもコピーが大変だし、と思い、Alibris で検索すると、8,000円くらい。まあいいや、で注文しました。クリックした後、ふと気になって自分の大学図書館OPACで念のため検索すると、あ、あったのかあ。とほほ。
 でも届くまでに1ヶ月くらいかかるので今日は図書館で原本を借りてきました。何やってるんだか。

2008/12/30

スカイプ研究会2

ポスト @ 23:51:57 | 研究活動

 図書館も閉まったので今朝もスカイプで研究会。と思ったらちょうど雪が降ってきました。出不精になりそうです。2時間つなぎっぱなしで、そのあと昼食は出かけました。この調子でウクレレのアンサンブル練習もできないかな。やってみることにします。
 

2008/12/29

言語地図コメント

ポスト @ 22:18:46 | 研究活動

 世界言語構造地図 (WALS) にコメントを書き込めると聞いたので、さっそく要望を書いてみました。「各言語の地域と語族などの一覧表をアップしてくれると便利だと思います。」
 しばらくすると、「提案ありがとう、考えてみます」と主幹のマーチン・ハスペルマスさんからメールで返事が来ました。おお、クリスマスなのにすごい。

2008/12/28

15年前の夏

ポスト @ 22:27:37 | 研究活動

 今年は2月に博士論文をまとめた本をひつじ書房さんから出版させていただくことができました。どうして筑波大学に博士論文を出したのですか、という質問をよくいただくので、ここでお答えしておこうと思います。
 博士論文になりそうなものをずいぶん前から書いていたのですが、留学先では博士課程に入り直さないとだめと言われ、出身大学院では専門の関係で受け付けていただけず、別の新しい大学院はまだ体制が整っていないので1年以上先になるとのこと。途方に暮れていたところ、英語学会の懇親会で、1993年にアメリカの夏期講座で1ヶ月ごいっしょした筑波のKN先生にお会いしました。「僕も博士論文書いたから、時崎さんも書きなよ。よかったら僕が主査になるから。」思ってもみなかった申し出をいただき、夢を見ているようでした。
 そうして専門の先生を他大学からも入れた審査委員会を作っていただき、筑波大に提出することができたのです。思えば、えいっと出かけたオハイオでの夏が、長い間の夢を実現させてくれたのでした。15年前の夏。

2008/12/26

スカイプ研究会

ポスト @ 21:38:08 | 研究活動

 今日は朝から大学で研究会、と思って起きてみると猛吹雪。外に出たら大変なので、KY君とメール相談して、お互いに自宅からスカイプ通話で研究会をしてみました。MacBook の前に座り、ネット経由で通話をつなぎっぱなしにして2時間半。マイクとスピーカーも内蔵なので動きも自由だし、通話も無料。窓の外の吹雪を見ながら、仕事もはかどり、こりゃあ夢のような研究会。何でも試してみるもんですね。次は内蔵カメラも使ってみたいです。本を指さしながら、ここがこうだから、なんて。

2008/12/20

長い年

ポスト @ 22:45:51 | 研究活動

 昨日は朝から研究会。今後の予定を確認したあと、振り返ってみて、今年はたくさん研究発表できたなあと。3月GLOWイギリスは補欠だったけど、4月のコーネルのポスター、7月神戸で形態論・レキシコンフォーラム、8月ミュンヘンと金沢、10月ケンブリッジ、11月言語学会金沢、12月ソウルと、全部で7回。海外もイギリス、アメリカ、ドイツ、イギリス、韓国と5回出かけ、忙しかったけれど充実した年となりました。
 そのためか今年は長かった気がします。いろいろなこと、新しいことがある人生は楽しい。感謝の気持ちでいっぱいです。ただ、韓国前からひいている風邪が完治していません。とほほ。

2008/12/10

割り込み締切

ポスト @ 20:07:46 | 研究活動

 おとといはドイツからメール。本の中の論文原稿の校正、1週間でやって送ってね、と。う、この1週間が締切二つと試験の採点返却と講義で一番苦しいときなのに、その手前に急に割り込んでくるとは。またまた参った。外国の方はクリスマス前に締切を設定するのが好きなんでしょうね。
 載せていただけるだけで有り難いので、ふうふうやって、スキャンして添付で送信。確実に他の締切時間が切迫しました。まあできるだけやってみて、あとは体を大事にします。

2008/10/14

グーテンベルグ

ポスト @ 23:58:32 | 研究活動

 プロジェクト・グーテンベルグというサイトがあることをH大学のSKさんの研究発表で知りました。著作権の切れた名作などの全文を電子化して、インターネット上で公開、とウィキにも出ています。これはすごいな。シェイクスピアなどの古いテキストをダウンロードすれば、検索できるようになるわけですね。テキストが信頼できるかという問題はあるにせよ、またタダで研究が簡単にできます。あとは使うテーマを持っているか、調べる気迫があるかということでしょう。また、羽生さんの言うように、将棋も言語学も、皆がデータを使えるようになって、逆に大昔のようにオリジナリティの時代になったのです。
http://www.gutenberg.org/wiki/Main_Page

2008/10/13

言語地図改良

ポスト @ 21:09:21 | 研究活動

 愛用している世界言語地図ネット版が改良されました。凡例がドラッグで移動出来るようになり、地図のズームも簡単になりました。
http://wals.info/
サイトも地図もセンスが良く、すばらしいです。あとは言語の語族と地域分布の一覧表を載せてくれたらなあ。メールでお願いしようかと思っています。

2008/10/09

元気づけ

ポスト @ 20:13:10 | 研究活動

 何とか締切に間に合って11月の言語学会の予稿集原稿を送りました。その前に、10月末のケンブリッジ大学での学会プログラムが出来てきたのが元気づけになりました。何かをすると喜びがある、ということに気づくからでしょうね。
 月末の不変化詞ワークショップはオープニングの招待講演のすぐ後に発表で楽しみ。プログラムと要旨は次です。
http://people.pwf.cam.ac.uk/gen21/Particles_Workshop.htm

2008/10/03

黒板遍在

ポスト @ 23:58:38 | 研究活動

 秋学期は金曜朝9:30から3時間研究会。今日も黒板に書きながら議論をして、デジカメで撮ってパソコンに保存。あとで見ると思考の過程がわかって便利です。大した思考でないんだけど。
 愛読書『フェルマーの最終定理』(サイモン・シン)を読み返していたら、ケンブリッジ大学のニュートン研究所には、エレベータにもトイレにも黒板があるそうな。人とすぐに議論が出来るようにということですが、本当かしら? 月末に行ったときに確かめてみたいです。

2008/09/19

秋冬の予定

ポスト @ 23:30:59 | 研究活動

 これからの研究発表予定は、10月イギリス・ケンブリッジ大学での不変化詞ワークショップ、11月金沢での日本言語学会、12月ソウルでの韓国音韻論学会です。それぞれ違う新しい内容を考えていますが、体に気をつけて、よいものをと思います。毎日少しずつ。

2008/09/18

超半身浴3

ポスト @ 20:21:04 | 研究活動

 こんにちは、超半身浴研究家の時崎です。しみじみと方法に改良を重ねています。最近は、
1まず風呂につかって洋書を読み、いったん脱衣所に本を置いてから頭を洗う
2また風呂に入ってクリアフォルダに入れた論文コピーを読む
3体を洗って、また湯につかってコピーを読む
という手順です。これで、本をぬらさずに、頭を洗った後も論文で研究できるようになりました。フォルダに着いた水滴は乾いたタオルで拭いて読み続けます。ご家庭の事情で一番風呂に入れず、本はこわくて、という方にもお勧め。何やってんだか、という気もしますが。ううむ。

2008/08/21

集中して考える

ポスト @ 23:35:21 | 研究活動

 今度の日曜は金沢で研究費プロジェクトの発表会。発表することにしたので、時間がない中、集中して考えています。ひさびさの集中度。他の仕事がない夏休みだからだよなあ。これがないと。本当に大切なもの。

2008/08/14

夏の三昧

ポスト @ 22:19:37 | 研究活動

 学会の旅疲れもとれてきて、今週は毎日研究を続けられています。自由な時間を集中できるのはありがたいことです。夏は大切な季節。三昧の境地です。

2008/07/29

終了直前

ポスト @ 22:20:47 | 研究活動

 ドイツ出発前に成田前泊としたところ、千葉の神田外語大学でU教授の講演会があることを教えてもらったので、成田に着いてすぐ向かいました。会場に着いたのは終了10分前、質疑応答になってるし、と迷いましたが、廊下にいると暑いこともあって入室。参加者の目が痛い。今ごろ何だと思ったでしょうね。すみません。でもハンドアウトをもらったし、ほんの少しだけ雰囲気もわかったので、行った甲斐がありました。

2008/07/28

できてない

ポスト @ 21:43:11 | 研究活動

 明日はもう成田に出発だというのに、まだスライドができていません。ハンドアウトもドイツで印刷できたら、くらいになりそうです。もっと早くやっておかなきゃいけなかったのに。学期末試験に加えて、セメスター制のため成績提出で時間がかかってしまったのでした。くう。

2008/07/10

反応

ポスト @ 22:30:37 | 研究活動

 世界の言語学者にメールが(思いがけず)流れて1日。スペイン人の友達とアメリカの学者からメール。見たよと言うのと、博士論文送ってというものでした。英語サイトでのダウンロード数は20くらい増えて約200になりました。この日本語サイトも同じくらいです。見てくださる人は、いるんだなあ。もっと、きちんと書いていればという後悔もありますが、その時点での自分なりのベストだったんで仕方ないですね。僕の場合は、そのレベルが問題なのは重々承知ですが。ううむ。

2008/07/05

失敗と成功

ポスト @ 23:03:41 | 研究活動

 形態論レキシコンフォーラムで研究発表。大きなプロジェクタとスクリーンで気持ちよくできました。準備の方、聞いて下さった方、ありがとうございました。発表のスライド、カラー版を左の「ファイル」にアップしました。よろしければどうぞ。
 最近マンガで心に残ったフレーズ。トランペッターの「グランパ」が孫に言います。「いいかい、音楽もゴルフも同じだ。失敗したって大した罰があたるわけじゃない。でもうまくいきゃあ最高に気持ちがいいし、だれかがキャンディーをくれるかもしれない。人生は楽しむものなんだ。」

2008/07/02

裏方必要

ポスト @ 23:21:13 | 研究活動

 今日は学内の研究会で発表。自分でプロジェクターや飲物・おやつを用意した段階で疲れ果てていました。裏方の人は別に必要だなあと実感。裏方がいて、表方?ができるんですね。

2008/06/28

本の15年もの

ポスト @ 23:44:04 | 研究活動

 参考文献を探していて、おや、もしやこれは。本棚の奥から、アメリカで15年前に買って、それから全然読んでいなかった本を発見。時間を超えた再会。
 ネットのおかげで、古い本も探せるようになったけれど、自分で持っているのがやっぱり一番。本は、すぐなくなっちゃうから読まなくても買っておくのがいいんだと教えてくれた大学時代の先生。その通りでした。

2008/06/21

形態論を学ぶ

ポスト @ 23:26:58 | 研究活動

 昨日は千歳ー羽田ー駒場。講演会でヨーロッパの形態論研究者3人の講演を聞きました。懇親会でもお話しできて、やっぱり直(じか)はいいです。今日は目白で言語学会。また形態論を学びました。明日もシンポジウムで。今まで勉強していなかった分野は新鮮です。

2008/06/09

記念論文集

ポスト @ 22:16:04 | 研究活動

 週末は要旨書き。眠いです。留学先の E.S.先生の記念論文集にさそっていただいたので、ありがたく受けることにして内容をうんうんと考えていました。札幌の丸善で、出たばかりの先生の本を見つけて、高いけどえいっ、と買ったのが大学生の時。遠い国の偉い先生なんだなと思っていました。喫茶店で開いたページのにおいを、まだ覚えています。自分がその世界に関われるなんて思ってもみなかった。ともかくも、その黄緑の本は僕を遠いところまで連れてきてくれました。

2008/06/05

句複合語と有標語順

ポスト @ 23:40:59 | 研究活動

 MLF のサイトに 2008 part 2 のプログラムと要旨が掲載されました。「句複合語と有標語順」という題で研究発表します。
http://www.intcul.tohoku.ac.jp/lingcommunic/mlf/index.html
ただ、ここから要旨をダウンロードすると、僕らのは、なぜか半分くらいが太字になっているのでした。pdf を作ったときにおかしくなったのかな。オリジナルは左の「ファイル」に置きます。

2008/06/01

形態論

ポスト @ 21:50:41 | 研究活動

 7月5日(土),6日(日)の形態論・レキシコン研究会(MLF:Morphology & Lexicon Forum)で研究発表させていただけることになりました。音韻と語順を考えているうちに、ついに複合語を考えることになり、せっかくなので勇気を出して、専門の方に教えていただこうという気持ちです。この分野は一生関わらないよなあ、と思っていただけに、自分でも意外。何事もつながってくるものなんだな。いろいろ大事にしなきゃ。
 神戸に行くのも久しぶり。楽しみです。

2008/05/27

折り目との出会い

ポスト @ 22:36:15 | 研究活動

 夕方6時に大学図書館へ。人気のない書庫で学術雑誌を見ていると、はっきりとした折り目が付いています。あ、これが読みたかった論文だ。誰も手に取ることもないかのようにひっそりと静まっているたくさんの本の中で、自分の前に読んでいる人がいることを知る瞬間。
 漱石も、『三四郎』で、やっぱり図書館で本に書き込みを見つけ、人の学問への姿勢に打たれる、というシーンを書いていたなあ。